エアライン, ボーイング, 機体 — 2016年1月8日 18:15 JST

エールフランスの747、14日退役

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 エールフランス航空(AFR/AF)は現地時間1月14日、ボーイング747型機を退役させる。当日はフランス国内の観光名所を巡る記念フライトを実施。導入から46年で引退する。

シャルル・ド・ゴール空港に駐機中のエールフランス航空の747-400=15年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

747-400を展示する航空宇宙博物館があるル・ブルジェ空港=15年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 記念フライトは、シャルル・ド・ゴール空港を午前9時に出発するAF744便と、午前11時30分に出発するAF747便。イタリアとの国境の山、モンブラン上空や地中海、トゥールーズ、ボルドー、世界遺産のモン・サン・ミッシェルなどを飛行する。乗客にはシャンペンやランチを提供する。記念フライトは220ユーロ(約2万8000円)で販売した。

 1月16日と17日には、パリ郊外のル・ブルジェ空港にある航空宇宙博物館に展示される。

 ボーイングの発注リストによると、エールフランスは計53機の747を導入。1970年5月20日に747-100を初受領している。商業運航の初便は、同年6月3日のパリ発ニューヨーク行きだった。その後、モントリオールやカリブ海の仏領西インド諸島、インド洋のレユニオン、アジア各国などへの長距離路線に投入した。

 ジャンボの愛称で親しまれた747は、燃油費の高騰や飛行機の技術的な進歩により、世界的に退役が進んでいる。日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみ。

エールフランス航空の747-400(同社提供)

エールフランス航空の747-400(同社提供)

エールフランス航空の747-400(同社提供)

エールフランス航空の747-400(同社提供)

エールフランス航空の747-400(同社提供)

関連リンク
Boeing 747(Air France)

各社で退役が進む747
デルタ航空の747-400初号機が退役 博物館展示へ(15年9月10日)
カンタス航空、787-9を17年導入 747置き換え(15年8月21日)
キャセイパシフィック航空、14年通期純利益20.2%増 747は6機退役(15年3月19日)
カンタスの747、ラストフライト動画公開 飛行時間15分弱(15年3月9日)
デルタ航空の747、17年までに退役へ(14年10月21日)
ANA最後のジャンボ、JA8961離日 747姿消す(14年4月16日)
ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える(14年3月31日)

現役で活躍する747
ブリティッシュ・エアの747改修初号機、ニューヨーク線に(15年9月24日)
カンタス航空、羽田にシドニー初便到着 747で毎日運航(15年8月1日)
最新ジャンボ、日本初就航 写真特集・羽田に現れたルフトハンザ747-8(14年10月28日)