エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2015年12月29日 16:25 JST

ANAの777、寡黙に飛び続けて20年 特集・777就航20周年(前編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ジャンボほど華やかではなく、A380ほどの派手さもない。それでも日々、国内外の幹線を支える旅客機がある。ボーイング777だ。1990年10月15日、ユナイテッド航空(UAL/UA)がローンチカスタマーとして777-200を発注。日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)が同年12月19日に初めて発注した。

 ANAが現在運航する777は、777-200が16機、777-200の航続距離延長型となる777-200ERが12機、長胴型の777-300が7機、777-300の航続距離延長型777-300ERが22機の計57機。このほかに777-300ERは納入待ちが6機あり、次世代機777Xは20機を発注済みだ。

 20年間、寡黙に乗客を運び続けてきた777。今回の特集前編では、ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめた。

*後編はこちら

就航20周年を迎えたANAの777初号機JA8197=12月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
初便は1995年12月23日
双発機で500席超実現
就航20周年を迎えたANAの777初号機JA8197(写真17枚)
777国内線機材の座席配置
777国際線機材の座席配置

初便は1995年12月23日

 ANA初の777となったのは、登録番号JA8197の777-200。1995年10月4日に引き渡され、同年12月23日に羽田-伊丹線が最初の運航路線となった。その後、1997年9月1日に777-200による初の国際線、成田-北京線が就航した。

 747を置き換える超大型の国内線用機材として、777-300の初号機(JA751A)が1998年6月30日に引き渡され、同年7月10日の羽田-広島線が初便となった。

 777-200ERがデビューするのは翌1999年。初号機(JA707A)が10月6日に引き渡された。5年後の2004年9月15日には、777-300ERの初号機(JA731A)を受領し、初便は同年11月15日の成田-上海線だった。

 こうして777-200は羽田


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。