エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2015年12月30日 19:45 JST

ANA機長「運航環境が追いついてきた」特集・777就航20周年(後編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国内外の航空会社で、大型機の主力となったボーイング777。これまでは「ジャンボ」の愛称で親しまれた4発機の747でなければ飛べなかった長距離国際線や、500人以上の乗客を乗せる国内線など、就航から20年を迎えた777は、日本の空の主役となった。

 機体製造の面でも、767の日本の分担比率は15%だったが、777では21%まで向上。後継機の777Xも、同じ割合を分担する。777就航から今日までの20年は、日本の航空機製造業界にとっても、ノウハウの蓄積が進んだ20年でもあった。

 その777を、日本で最初に発注したのは全日本空輸(ANA/NH)だった。1990年12月に発注し、1995年10月4日に777-200の初号機(JA8197)が引き渡され、同年12月23日に羽田-伊丹線が最初の運航路線となった。就航当時は垂直尾翼に「777」と大きく描かれ、最新鋭機であることをアピールしていた。

 特集前編では、ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめた。後編では、777が就航した1990年代から操縦桿を握ってきたベテランパイロットに、777の特徴やこれまでの機体との違いなどを聞く。

*前編はこちら

777のシミュレーターに座るANAの佐久間機長=12月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
「上手くなったと感じる」
双発機最長の777-300
777に運航環境追いつく
羽田路線を飛ぶANAの777初号機JA8197(写真14枚)

「上手くなったと感じる」

 「双発機としては、767より格段に大きくなりましたよ。737の胴体とエンジン経がほぼ一緒ですからね」。ANAのフライトオペレーションセンター B777部 訓練課の教官、佐久間昭嗣機長はこう話す。佐久間機長は777が就航した当時、747-400の副操縦士だった。就航から2年後の1997年、777で機長に昇格した。

パイロットの経験が生かせるよう設計された777=14年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 計器類は747-400とほぼ同じだったが、操縦系統にフライ・バイ・ワイヤを採用するなど、進歩が見られた。ボーイングのデザインコンセプトについて、佐久間機長は「パイロットが今まで乗っていた機体や受けた訓練を、そのまま生かせるという設計思想です」と説明する。

 その思想が現れているのが、PFC(プライマリー・フライト・コンピューター)の存在だ。パイロットがコントロールホイール(操縦桿)を動かすと、PFCが最適な値に調節してから舵面を動かす。このPFCの存在により、747-400を操縦していたパイロットが777に移行しても、機種の違いを意識せず操縦できるという。

 PFCが操縦を支援することで、「上手くなったと感じます」と佐久間機長は笑う。そして、同じフライ・バイ・ワイヤを採用するエアバスA320型機と比べると、操縦桿の挙動にもボーイングの設計思想が感じられ、エアバスとのアプローチの違いがあった。「777はトリムが必要になるよう、意図的に


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post