機体, 解説・コラム — 2015年7月27日 10:15 JST

CS300は飛行展示「日本でも良さわかってもらえる」 特集・パリ航空ショー2015(3)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 三菱航空機が開発を進めているリージョナルジェット機「MRJ」。4-6月期に予定していた初飛行は9-10月期に延期されたが、型式証明の取得は2017年上期、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)への初号機引き渡しは2017年4-6月期と、初飛行後のスケジュールは従来通りだ。

 MRJが搭載するエンジンは、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製のGTF(ギヤード・ターボファン)エンジン「PurePower PW1200G」。PurePowerシリーズは、エンジンのファンを低圧コンプレッサーとタービンとは異なる速度で動作させることができるギア・システムを採用しているのが特徴だ。このシステムと新設計のエンジン・コアを組み合わせることで、燃費と排気、騒音を改善している。

 同シリーズはMRJのほか、PW1100G-JMがエアバスA320neoファミリーに、PW1500Gがボンバルディアの小型旅客機Cシリーズに、PW1900Gがエンブラエルの第2世代Eジェット、E2シリーズのE190-E2とE195-E2に搭載される。

パリ航空ショー初日にデモフライトを披露するCS300の試験機=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 すでにPW1100G-JMを搭載したA320neoや、PW1500Gを積んだCシリーズの機体は、初飛行に成功している。Cシリーズは、110席から125席のCS100、130席から160席のCS300と、90席クラスのMRJと比べて1クラスから2クラス程度上のサイズだ。しかし、同じGTFエンジンを搭載し、新規開発した機体である点は、MRJと共通する。

CS300はデモフライト披露

 昨年のファンボロー航空ショーでは、CS100のモックアップ展示のみで、実機の地上展示やデモフライトは、エンジントラブルの原因究明などの影響を受け、行われなかった。今年は一転し、6月のパリ航空ショーでは、CS100の飛行試験5号機(FTV5、登録番号C-GWXZ)が地上展示され、3月に初飛行に成功したCS300は、地上展示のほか、デモフライトで低騒音をアピールした。

Cシリーズに自信を示すボンバルディアのソレム氏=6月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 CS100のFTV5は、ローンチカスタマーであるスイス インターナショナルエアラインズ(SWR/LX)の塗装が施されている。機内は前方に上級クラスのシート、後方に普通席のシートが用意され、航空会社などの関係者が機内に招待された。

 上級クラスは2席-2席の1列4席、普通席は3席-2席の1列5席で、普通席はシートピッチを29インチから32インチまで、異なるピッチで設置してあった。スーツケースが3つずつ入る手荷物収納棚の大きさもアピールしていた。

 6月末現在の受注はコミットメントを含めると603機で、確定受注は243機で、CS100がSWRなどから63機、CS300がマッコーリー・エアーファイナンスなどから180機受注している。

 CS100はMRJよりやや大きく、CS300はボーイング737やエアバスA320のシリーズでは最小で、後継機が開発されない737-600やA318と同じサイズになる。

 Cシリーズは2機種とも、日本の航空会社からは受注を獲得していない。ボンバルディアの中国・アジア太平洋地域のセールス担当バイス・プレジデント、アンディ・ソレム氏は「日本の航空会社はボーイング787の初期トラブルを経験している。もう少し時間が経てば、機体の良さをわかっていただける」と、自信をみせる。

 GTFエンジンを搭載し、新規開発した機体であるCシリーズ。これらの共通点から、MRJの開発スケジュールで、今後どのようなことが起こりうるかを、事前に知ることができる機体でもある。Cシリーズの今を見てみよう。

*写真は36枚(ログインすると、コックピットやシートピッチを変化させたシートを配した客室などをご覧いただけます)。

パリ航空ショー初日にデモフライトを披露するCS300の試験機=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

パリ航空ショー初日にデモフライトを披露するCS300の試験機=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

デモフライトから戻るCS300の試験機=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

デモフライトから戻り着陸するCS300の試験機=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

CS300に搭載されたPW1500エンジン=6月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

CS100のPW1500エンジン=6月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

CS100のPW1500エンジン=6月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

CS100のPW1500エンジン=6月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

シートと飛行データの観測席が設けられたCS100のFTV5=6月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。