官公庁, 空港 — 2017年10月13日 19:00 JST

広島空港、21年4月民営化へ 市場調査開始

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、国が運営する広島空港の民営化に向けた投資意向調査を開始した。関心のある企業からの意見を、11月30日まで募集する。2021年4月をめどに民間の運営に移行する。

21年4月に民営化する広島空港=15年9月 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 民間による運営期間は30年間で、不可抗力での延長なども含め最長で35年間とする。運営権者は滑走路やターミナルビルなどを一体的に運営する。

 2018年10月をめどに実施方針を策定し公表。2019年2月には募集要項を公表し、同年5月に優先交渉権者を選定する。

 現在は空港施設は国が、ターミナルビルは県や全日本空輸(ANA/NH)、日本航空(JAL/JL、9201)などが出資する広島空港ビルディングが、駐車場は空港環境整備協会や県が運営している。

 現在の広島空港は1993年、これまでの広島空港(現・広島ヘリポート)から移転して供用を開始。滑走路は2500メートルで、2001年に3000メートルに延伸している。

 現在、国内線は5空港から1日25往復、国際線は7空港から週39往復を乗り入れている。10月30日からは、シルクエアー(SLK/MI)がシンガポールから週3往復運航する。

 2016年度の利用実績は、国内線が257万人、国際線が28万人。貨物は国内線1万8177トン、国際線289トンを取り扱った。

関連リンク
国土交通省
広島空港

16年度収支、広島は黒字
国管理空港の収支、羽田が2年連続黒字 16年度、深夜早朝帯の便増で(17年8月30日)

広島空港関連
エア・ドゥ、広島10月撤退 ANA便復活(17年8月23日)
シルクエアー、広島10月就航 シンガポールから週3往復、初の定期便(17年6月2日)
広島空港、ILSの新アンテナ公開 5カ月ぶり復旧へ(15年9月15日)

仙台空港は民営化1周年
仙台空港、民営化1周年 岩井社長「闇鍋が少し見えるようになる」(17年7月3日)
スカイマーク、仙台復活 神戸へ1日2往復、撤退路線初の再開(17年7月1日)
ピーチ、9月に仙台拠点化 札幌・台北に新路線(17年5月17日)
ジェイエア、仙台にE190就航 全便導入へ(16年7月2日)

福岡・高松・熊本・北海道7空港も民営化へ
福岡空港の民営化、二次審査に3グループ(17年9月19日)
国交省、高松空港の評価公表 6団体参加、「計画」と「方針」審査(17年8月16日)
高松空港の民営化、三菱地所連合が基本協定締結(17年8月14日)
北海道7空港、20年度民営化へ 市場調査開始(17年8月1日)
熊本空港、20年4月民営化へ 復興の象徴、市場調査開始(17年7月3日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post