MRJ, 機体 — 2015年1月5日 14:10 JST

三菱航空機、名古屋空港に本社移転 小牧南工場に隣接

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は1月5日、本社を移転し、業務を開始したと発表した。愛知県西春日井郡の県営名古屋空港ターミナルビルに移転し、効率的な業務体制を整える。

県営名古屋空港へ本社を移転した三菱航空機=14年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新本社は三菱重工の名古屋航空宇宙システム製作所(名航)小牧南工場に隣接。同工場や県営名古屋空港では、MRJの最終組立や地上試験、飛行試験を実施している。

 これまでの本社は名古屋市港区に設置していた。

 MRJは2014年10月18日にロールアウト(完成披露)。初飛行は今年4-6月期、型式証明の取得は2017年上期を予定している。ANAへの初号機引き渡しは、2017年4-6月期となる見通し。

 2014年11月時点での飛行試験機の製造状況は、2号機が主翼と垂直尾翼の取り付けが完了、3号機は塗装を施した段階で、主翼などの取り付けは未着手。4号機の胴体は工場に到着し、今後組み立てられる。また、全機静強度試験機はすでに試験を開始している。

 今後、飛行試験初号機と2号機では、アビオニクスや操縦系統、降着装置、エンジンなどを試験するほか、地上振動試験や電磁干渉試験、安全性確認試験、地上走行試験などを実施する。

関連リンク
三菱航空機

三菱航空機、新役員体制と人事 15年1月1日付(14年12月11日)
MRJ100X、仕様固め進む 川井社長「インドネシア魅力ある」(14年11月20日)
ベールを脱いだMRJ 写真特集・息のむ美しき国産旅客機(14年10月20日)
MRJ、初号機がロールアウト 夢から現実へ(14年10月18日)
MRJ、米イースタン航空が正式発注 最大40機(14年9月26日)
MRJ、技術試験場を公開 今夏から強度試験開始(14年8月4日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post