エアバス, 機体, 解説・コラム — 2014年7月21日 21:30 JST

巨体を軽やかに揺らすエアバスA380 写真特集・ファンボロー2014展示飛行(1)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 2年に一度、英国南部で開かれるファンボロー航空ショー。今年は7月14日から20日まで開かれ、このうち機体メーカーが受注を発表するなど、業界向けの日程は14日から17日、週末には一般公開された。

ギアを出して展示飛行を披露するA380。商業飛行では決して見られない光景だ=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機体メーカーが発表する新機種や受注状況がショーの見所のひとつだが、圧巻なのは各社が持ち込んだ機体を実際に飛ばす展示飛行だ。今年は米ロッキード・マーティンの最新鋭戦闘機F-35が展示飛行を披露する予定だったが、6月には中止が決定。地上展示もモックアップのみだった。

 こうした中、旅客機ではエアバスが総二階建ての超大型機A380(登録番号F-WWOW)と開発中のA350-900(同F-WZNW)を、ボーイングは量産初号機がローンチカスタマーであるニュージーランド航空(ANZ/NZ)へ引き渡されたばかりの787-9(同N789EX)をそれぞれ展示。観客たちを魅了した。

 A380は全長72.72メートル、全幅79.75メートル、全高24.09メートルで、最大航続距離は1万5700キロメートル、最大離陸重量560トン。2007年10月に商業飛行を開始した。メーカー標準の座席数は3クラスで525席、1クラスでは最大853席にのぼる。エンジンは英ロールス・ロイス製トレント900と、米エンジン・アライアンス製GP7200のうち、いずれかが選択可能で、今回展示飛行を行った機体はトレント900を搭載している。

 約10分間の展示飛行では、乗客や貨物を積まない状態のため、巨体を軽やかに揺らしながらファンボローの空を舞った。エンジン音は滑走路の間近で撮影していても、ファンボローに飛来する双発の小型ビジネスジェット機よりも静かなのが印象的だった。

 本写真特集の第1回目はA380。合計43枚の写真で、展示飛行を振り返る。

*第2回A350編はこちら

ファンボロー航空ショーで地上展示中のA380=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーで地上展示中のA380=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーで地上展示中のA380=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの展示飛行で離陸するA380=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

上昇するA380=7月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。