エアライン, 需要, 需要実績 — 2024年7月8日 17:07 JST

ZIPAIR、累計200万人到達 旅客便就航3年8カ月で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)は7月7日に、累計搭乗者数が200万人に到達した。旅客便の就航から3年8カ月での到達となった。

累計搭乗者数が200万人に到達したZIPAIR=24年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 同社は日本航空(JAL/JL、9201)が100%出資する中長距離LCCで、成田空港が拠点。2020年6月3日にバンコク(スワンナプーム)線を開設したが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりボーイング787-8型機(2クラス290席)に貨物のみ搭載する貨物専用便としてスタートした。

 2路線目のソウル(仁川)線も同年9月12日に貨物専用便で開設し、翌月10月16日のソウル行きZG41便が最初の旅客便となったものの、乗客は2人だった。節目となる10万人には、就航から約1年9カ月後の2022年7月20日に到達した。就航から2年11カ月後の2023年9月には100万人を達成し、今回の200万人までの100万人を約10カ月で積み上げた。

 現在の路線は9路線で、いずれもは国際線のみ。10月27日に始まる冬ダイヤは現在のところロサンゼルス、バンコク、シンガポールの3路線のみ発売中で(関連記事)、残りのソウル(仁川)、マニラ、ホノルル、サンフランシスコ、サンノゼ、バンクーバーの6路線は後日発売する見通し。

関連リンク
ZIPAIR

貨物・旅客便の初便
ZIPAIR、成田-ソウル旅客便就航 初便乗客は2人(20年10月16日)
ZIPAIR就航 JAL系LCC初便は貨物専用便、翼振り成田からバンコクへ(20年6月3日)

10万人・100万人到達
ZIPAIR、搭乗者数100万人突破セール ソウル8000円、米西海岸3.25万円から(23年9月25日)
ZIPAIR、搭乗者数10万人突破 1年9カ月で(22年7月25日)

ZIPAIR
ZIPAIR、冬ダイヤ3路線発売 成田-LA・バンコク・シンガポール(24年7月4日)
ZIPAIR、バウチャー払戻しの新サービス 急な予定変更に対応(24年7月4日)
ZIPAIR、バンコクでラウンジ有料サービス(24年5月17日)
ZIPAIR、シンガポールでラウンジ有料サービス(24年5月14日)
ZIPAIR、成田でプレミアラウンジ有料サービス シャワー完備(24年3月23日)
ZIPAIR、成田で有料ラウンジサービス 7月からNarita TraveLounge利用可に(21年6月18日)

ZIPAIR搭乗記・サーチャージなしで経費削減
前編 片道3万円でバンコクへ
後編 バンコクまでネット無料
番外編 フルフラットシートで片道10万円

機内の動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
ZIPAIR 787-8 JA822J機内公開 フルフラットシートも

写真特集・ZIPAIR 787-8の機内
(1)フルフラット上級席ZIP Full-Flatは長時間も快適
(2)個人用モニターなし、タブレット置きと電源完備のレカロ製普通席
(3)LCC初のウォシュレット付きトイレ

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: