エアライン, 空港 — 2024年6月23日 09:20 JST

広島空港、夜のJAL機見学ツアー7/19開催 コックピット見学も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 広島空港を運営する広島国際空港会社(HIAP)は、夜の機体見学ツアーを7月19日に開催する。日本航空(JAL/JL、9201)が協力し、夜間駐機する機体を見学する。

 イベントではJALの整備士が航空講座を開き、駐機場で機体やコックピットを見学する。写真撮影は外観のみ。当日は午後8時から受付を開始し、終了は午後11時30分を予定している。荒天や飛行機の到着が大幅に遅れた場合は、8月2日に延期する。

夜の機体見学ツアーを開催する広島空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ツアー代金は税込1万8700円で、定員は40人。中学生以上が参加でき、7月12日までHIAPとイベントを共催する「空・道・港」(広島・三原市)のウェブサイトで受け付ける。

 現在の広島空港は、1993年10月29日に当時の空港から移転し開港。2021年7月1日に民営化され、2023年に開港30周年を迎えた。旧空港は広島西飛行場への名称変更を経て、2012年11月15日からは広島ヘリポートとして運用されている。

関連リンク
広島空港夜の航空機見学ツアー 〜Supported by JAL〜(空・道・港)
広島空港
日本航空

広島空港、夜のJAL機見学ツアー 開港30周年記念(23年11月6日)
広島空港、ANA・JALと開港30周年ペアマグカップ(23年10月5日)
広島空港が民営化 新型コロナで3カ月遅れ、出発初便はJALディズニー塗装機(21年7月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: