官公庁, 空港 — 2024年5月21日 17:00 JST

国交省、飛行検査技術の国際シンポ 名古屋で日本初、7月に5日間

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は5月21日、飛行検査技術について情報交換するシンポジウム「国際飛行検査シンポジウム(IFIS 2024)」を7月に名古屋市で開催すると発表した。各国の飛行検査関連機関などが参加し、検査実施方法の改善提案などを議論する。同シンポジウムを日本での開催するのは初めて。

飛行検査センターの格納庫に駐機する航空局の飛行検査機ガルフストリームIV=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 飛行検査とは、全国の空港に設置されたILS(計器着陸装置)や管制システム、航空灯火などが正常に機能しているかを、検査機を実際に飛行して検査・検証する業務を指す。IFISは各国の飛行検査関係者が集まる唯一の国際シンポジウムで、2年に1回開催される。シンポジウムには関連機関のほか飛行検査装置メーカー、機体メーカー、大学研究者などが参加する。

 IFIS 2024は7月8日から12日までの5日間を予定し、ポートメッセなごや コンベンションセンター(名古屋・港区)と、中部空港(セントレア)内の飛行検査センターの2会場で開催する。関係機関や飛行検査装置メーカーなどがブースを出展し、製品や技術力をアピールするほか、検査センターでは、国交省所属の飛行検査機や防衛省所属の飛行点検機を展示する。

 参加費は有料で、1日の場合は2万5000円、通しは9万円となる。申し込みは6月10日午後3時まで。

関連リンク
IFIS 2024
国土交通省

国交省、新飛行検査機を3機受領 19日初飛行、年内にも検査投入(15年10月15日)
空の安全守る飛行検査機の機内 写真特集・航空局ボンバルディアDHC-8-300(15年5月17日)
飛行検査機の新拠点、中部空港で移転式典 国交省の飛行検査センター(15年5月16日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post