エアライン, 機体, 解説・コラム — 2013年12月10日 10:19 JST

地域航空リンク、自己破産か

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 航空事業への参入を目指していた地域航空会社リンク(福岡県福岡市)は12月9日午後、自己破産を申し立てた模様だ。2人の関係者が明らかにした。

リンクが導入を予定していたATR 72-600(ATR提供)

 リンクは2012年4月に設立。福岡空港を拠点に14年3月就航を目指していた。就航時の計画路線は、福岡-宮崎線と福岡-松山線、北九州-松山線の3路線だった。同社がウェブサイト上で公表している12年9月末時点での資本金は2億3000万円。

 リンクはATRのターボプロップ機ATR 72-600型機(68席から74席)を、リースで3機導入予定だった。11月に機体の受領が予定されていたが、手続きの遅れなどを理由に先延ばししていた。このまま会社に対する支援が行われない場合、日本の航空会社としては初のATR機導入は幻となる。

 Aviation Wireでは10日午前8時、9時、10時に同社の2つの電話番号へ電話をかけたが、応対する人はいなかった。関係者の話によると、資金が十分に集まらなかったようだ。

関連リンク
リンク

国交省、ATR72に型式証明交付 リンクが14年春運航へ(13年10月29日)
リンク、14年3月就航へ 福岡-宮崎線など3路線 初号機は10月受領(13年7月17日)
新航空会社リンク、ATR72を日本初導入 上場視野に(12年10月10日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: