エアライン, 空港 — 2022年11月14日 18:00 JST

エミレーツ航空、羽田23年3月再開へ 支社長「3月最終週に」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エミレーツ航空(UAE/EK)は、運休中のドバイ-羽田線を2023年3月26日に始まる同年夏ダイヤ期初に再開させる。同社日本支社のサティシュ・セティ支社長が11月14日に明らかにした。再開日や便数、機材などは順次決定する。

羽田への乗り入れを23年夏ダイヤ期初に再開するエミレーツ航空=13年6月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 日本政府は10月11日から、1日あたりの入国者数の上限を撤廃。個人旅行の解禁と短期訪日時のビザ免除を始めた。セティ支社長は羽田線の再開について、水際対策の緩和により決めたとした上で、「(23年夏ダイヤ期初の)3月最終週に再開する。計画はつねに見直しているが、計画通りに進むのではないか」と述べた。

 エミレーツ航空のドバイ-羽田線は、2013年6月に開設。同社が主力機としている総2階建ての超大型機エアバスA380型機は、羽田の誘導路が限られるなどさまざまな制約があり就航ができない状態が続いていることから、ボーイング777型機を投入している。

 同社の日本路線は、運休中の羽田線を含め3路線。残りのドバイ-成田・関西の2路線は、1日1往復ずつ運航している。

関連リンク
エミレーツ航空

エミレーツ航空、A380成田に11/15再投入 水際緩和で予約急増(22年10月17日)
エミレーツ航空、羽田に777-300ER(18年6月21日)
エミレーツ航空、羽田就航 777-200LRで深夜便(13年6月4日)