エアライン, 企業 — 2022年9月22日 14:45 JST

スカイマーク、MROジャパンに整備委託へ コロナで海外委託に制限

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スカイマーク(SKY/BC)は9月22日、那覇空港にある整備会社MRO Japan(MROジャパン)と整備作業の基本契約を締結したと発表した。自動車の車検にあたるCチェック(重整備)をはじめとした整備作業を、MRO Japanへ委託できるようになる。

スカイマークと整備作業の基本契約を締結したMROジャパン=PHOTO: Masahiro SATO/Aviation Wire

 スカイマークは現在、整備作業を海外企業に委託している。同社の洞駿(ほら・はやお)社長はMROジャパンとの基本契約締結についてコメントを発表し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的拡大により、海外での整備委託に制限を受けたことから国内企業への委託に向け締結したと説明した。

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)などが出資するMROジャパンは2019年1月から那覇で事業を開始し、前身の全日空整備時代から使用してきた伊丹空港の格納庫から全面移転した。ANAグループの機体を中心に日常の整備やCチェック、塗装作業などを手掛けている。

関連リンク
スカイマーク
MRO Japan

スカイマーク、ピカチュウジェット2号機お披露目 海をイメージ、読書灯にはモンスターボール(22年5月30日)
ANAグループ新整備拠点、塗装も対応 特集・MROジャパン那覇格納庫(19年3月24日)
元ゆめジェットでフィットチェック 写真特集・MROジャパン那覇格納庫(18年12月6日)