エアライン — 2022年6月1日 15:06 JST

ANA、羽田-パリ7/7再開 787-8で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は6月1日、羽田-パリ線を7月7日に再開すると発表した。当初は一部日程のみ運航し、8月24日から週3往復運航となる。また、羽田-ロンドン線は、7月の一部便にボーイング777-300ER型機を投入し大型化するとともにファーストクラス需要に応える。

羽田-パリ線を7月7日に再開するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 羽田-パリ線は7月7日から8月22日までの期間中に4往復運航する。このうち羽田発パリ行きNH215便は7月7日と9日、28日、8月21日に設定し、パリ発羽田行きNH216便はそれぞれ翌日となる。8月24日以降は水曜と金曜、日曜の週3往復に増便。機材は787-8(3クラス184席:ビジネス32席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー138席)を使用する。

 6月1日に週3往復で再開した羽田-ロンドン線には、現在787-9(3クラス215席)を投入している。7月1日からは週7往復(1日1往復)に増便し、このうち11日から17日の火曜と木曜、土曜に777-300ERの新仕様機(4クラス212席:ファースト8席、ビジネス64席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー116席)を投入。個室タイプのシートを採用しており、ファーストクラスとビジネスクラスの需要に応える。

 飛行ルートは、欧州行きがアラスカなどを飛びロシア領空を迂回(うかい)する「北回り」、羽田行きが中央アジアなどを飛行する「南回り」となる。

 このほか、シカゴ発関空行きの臨時便を現地時間7月2日に運航する。NH1935便はシカゴを午後1時に出発し、関空には翌日午後4時50分に到着。機材は777-300ER(4クラス212席:ファースト8席、ビジネス68席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー112席)を投入する。

関連リンク
全日本空輸

ANAの欧州路線
ANA、羽田-ロンドン6月再開 週3往復で(22年5月10日)
ANA、フランクフルト行き直行便に 5/11から北回り、3時間短縮(22年4月26日)
ANAも欧州便ルート変更 日本発を北回りで時間短縮、4/18ブリュッセル行きから(22年4月15日)
ANA、ウィーン経由初便出発 18時間かけフランクフルトへ(22年3月18日)


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。