エアライン — 2022年5月19日 19:45 JST

ソラシド、6月前半に那覇-石垣減便 14日まで28便

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ソラシドエア(SNJ/6J)は5月19日、那覇-石垣線を6月前半に減便すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う需要減少によるもの。このほか6月は、羽田発着の2路線で機体の定期整備作業による運休が発生する。

那覇-石垣線で減便が発生するソラシドエア=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 1日3往復の那覇-石垣線のうち、1日から14日まで往復とも1便目を計28便運休。15日以降は減便せず、3往復とも運航する見通し。

 整備運休は羽田-宮崎線と羽田-長崎線で発生し、2路線とも8日と23日の1往復ずつが対象となる。2日間とも同じ便を運休し、羽田-宮崎線は宮崎行きが6J57便、羽田行きは6J60便、羽田-長崎線は長崎行きが6J31便、羽田行きは6J32便で運休が発生する。

 6月は整備運休を合わせ36便を減便。減便率は2%となる。

関連リンク
ソラシドエア

ソラシド、那覇空港でパイロット兄とCA妹が地元PR 沖縄市のデカール機就航(22年4月11日 )
ソラシド、JR川崎駅で宮崎県産品販売 改札内でソラシドマルシェ(22年3月13日)
ソラシド、那覇-福岡4/28再開へ 夏ダイヤ期初、1カ月運航なし(22年3月1日)
ソラシド、英Cirium定時性世界1位で表彰 髙橋社長「会社全体で強化」(22年2月16日)