エアバス, 機体, 空港 — 2022年5月3日 17:32 JST

エアバスA220、羽田に初飛来へ エア・バルティック機でアジア太平洋ツアー

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間5月3日、アジア太平洋地域でA220型機のデモンストレーションツアーを実施すると発表した。ラトビアのエア・バルティック(BTI/BT)の機体を使い、羽田では9日に関係者向けの見学会を開く予定。日本でA220の見学会を開くのは2019年8月に中部空港で開催して以来3年ぶりで、羽田に飛来するのは初めて。

*機体公開の様子はこちら

エア・バルティックのA220-300=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

エアバスのA220-300=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 A220は、カナダのボンバルディアが開発した小型旅客機「Cシリーズ」の事業会社をエアバスが2018年7月に買収し、名称を変更したもの。A220は2機種で構成され、メーカー標準座席数が100-130席のA220-100と、中胴が3.7メートル長く130-160席のA220-300がある。エンジンは米プラット&ホイットニー(PW)社製PW1500Gを採用している。

1列が左2席+右3席となるエア・バルティックのA220-300=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 エア・バルティックはA220-300のローンチカスタマーで、座席数は145席。ツアーは3日の豪シドニーを皮切りに、4日にシンガポール、6日にベトナムのハノイを訪れ、羽田では9日に見学会を開催する。

 アジア太平洋地域では大韓航空(KAL/KL)がA220-300を10機導入しており、豪州のカンタス航空(QFA/QF)が2日にA220-300を20機確定発注した。エアバスはこれまでにA220を740機受注し、200機以上を納入している。

関連リンク
Airbus

羽田で公開
エアバス、A220羽田で公開 大きな窓や手荷物収納棚で快適性重視(22年5月9日)
A220が羽田初飛来 エアバス、エア・バルティック機でアジア太平洋ツアー(22年5月8日)

セントレアでのデモフライト動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
A220セントレア着陸(3:53)
A220の機内(0:32)
A220セントレア離陸(2:24)

A220
東セン傘下ACG、A220を20機発注(22年2月15日)
なぜA220は中部でデモフライトを実施したのか 特集・日本の100-150席市場を考える(19年8月14日)
エアバスのA220、中部で日本初デモフライト 快適性アピール(19年8月6日)
A220ってどんな機体? 特集・エアバス機になったCシリーズ(18年7月11日)
エアバス、A220発表 Cシリーズを改称(18年7月10日)