ボーイング, 官公庁, 機体 — 2022年2月12日 06:00 JST

ボーイング、カナダにP-8A提案 CP-140後継哨戒機

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間2月10日、カナダ空軍向けにP-8A哨戒機「ポセイドン」を供給する意向を明らかにした。現行のCP-140「オーロラ」の後継機で、対潜水艦戦(ASW)と情報・監視・偵察(ISR)能力を強化する。

カナダ空軍のP-8Aのイメージ(ボーイング提供)

 カナダ政府による長距離海上哨戒機に関する情報提供要請(RFI)に応えたもので、カナダ・マルチミッション・エアクラフト(CMMA)プロジェクトと呼ばれている。

 P-8は小型旅客機737-800をベースに開発された対潜水艦、対水上戦、情報収集、監視、偵察を担う多目的哨戒機で、2004年6月14日にローンチ。胴体は737-800、主翼は737-900を基に開発され、現時点で140機以上が就役している。

 これまでに米海軍をはじめ豪州海軍、インド海軍、英国空軍、ノルウェー空軍に引き渡されており、2021年9月にはドイツ連邦軍向けに受注した。今後は年内にニュージーランド、2023年に韓国、2024年にドイツへの初号機納入が計画されている。

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン

ノルウェー空軍向けP-8A、初号機納入(21年11月20日)
独海軍、P-8Aを5機導入 採用8カ国目(21年7月3日)
哨戒機P-8のいま 各国で導入、米海軍は102機に(20年7月28日)
ボーイング、P-8A初号機を米海軍にデリバリー(12年3月7日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: