エアライン, 空港 — 2022年1月8日 17:50 JST

ANAとJAL、広島空港ラウンジの酒類提供休止 那覇は制限、まん防で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 政府が広島と山口、沖縄の3県に対し、まん延防止等重点措置を1月9日から適用することを受け、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は広島空港と那覇空港の各社ラウンジでのアルコール類の提供を9日から31日まで見直す。両社とも広島は終日提供休止、那覇は時間を制限して提供する。

広島・那覇両空港ラウンジでまん防期間中の酒類提供を見直すANAとJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 那覇は午前11時から午後8時までに限り、アルコール類を提供する。両空港とも、持ち込みによる飲酒も遠慮するよう求めている。

 3県のまん防適用は9日から31日まで。両社をはじめ国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会(定航協)」の方針に基づき、期間中のアルコール類の提供提供方針を見直した。

 3県とも在日米軍基地内での感染拡大が周辺地域に波及したとの見方が強まっており、オミクロン株も検出されている。

関連リンク
新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房)
全日本空輸
日本航空

年末年始の国内線、コロナ前9割まで旅客数回復 利用率も大幅増(22年1月5日)
ニシキゴイやカープの赤あしらう 写真特集・JAL広島空港サクララウンジ刷新(17年3月29日)