エアライン — 2021年10月18日 14:12 JST

ソラシド、羽田-那覇でシークヮーサージュース 22年1月末まで

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ソラシドエア(SNJ/6J)は10月18日、羽田-那覇線限定で新しい機内サービスを開始すると発表した。シークヮーサーのジュースを期間限定で提供するほか、乗客の乗降時には沖縄音楽を放送する。

ソラシドが羽田-那覇線限定で提供する「シークヮサードリンク」(同社提供)

 提供するジュースは沖縄ボトラーズの「シークヮサードリンク」で、10月20日から2022年1月31日まで期間限定で提供する。乗客が搭乗時に機内で流す音楽(ボーディングミュージック)は、11月1日から新しいものに変更。一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が観光事業者などに提供している楽曲『王国』と『楽園』を使用する。

 同社の羽田-那覇線は、夏ダイヤ初日の3月28日に開設。ソラシド初の羽田幹線で、1日3往復運航している。今回の新サービスは就航を記念したものだが、新型コロナウイルスの感染拡大により開始を見合わせていた。緊急事態宣言が解除となった10月以降は、旅行需要の増加傾向がみえることからサービス開始を決定した。

関連リンク
ソラシドエア

ソラシド、ワクチン接種で7000マイル 抽選で10人(21年10月5日)
ソラシド髙橋社長、羽田-那覇「意義ある路線」 初の幹線、効果期待(21年3月28日)
ソラシド、羽田-那覇就航 初の幹線、手作り企画で旅客見送り(21年3月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post