エアバス, エアライン, 官公庁, 機体, 解説・コラム — 2021年10月14日 17:38 JST

A380とA320、パイロット混乗可能に 世界初、国交省が承認

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは10月14日、総2階建ての超大型機A380型機と小型機A320ファミリーの混合乗務について、国土交通省航空局(JCAB)から承認を受けたと発表した。日本で2機種を保有するのは全日本空輸(ANA/NH)のみで、パイロットは移行期間なしで両機種を運航できるようになる。エアバスによると、A380とA320の混乗は世界初だという。

A320ファミリーとの混乗か可能となったANAのA380=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 混乗制度「MFF」(Mixed Fleet Flying)は、パイロットが複数機種の機材を並行して定期的に運航できるようにするもの。通常は一度に乗務できる機種が限定されており、別の機種に乗務するには一定期間の機種移行訓練が必要となることから、より柔軟な運航が可能となる。

 日本で両機種を保有するのはANAのみ。A380は成田-ホノルル線で運航し、A320ファミリーは国内線や近距離国際線に投入している。A380は現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により定期便運航を休止しており、おもに国内のチャーター便に投入している。

 JCABは2019年4月に、ボーイング787型機と777の混乗を認めている。これを受け、日本航空(JAL/JL、9201)が同年からトライアルを開始した(関連記事)。

関連リンク
Airbus
国土交通省
全日本空輸

JALは777と787混乗
777と787混乗可能に JAL機長「違和感なく777に戻れました」特集・MFF制度のいま(21年8月6日)

3号機
ANAのA380オレンジ3号機、トゥールーズ離陸し成田へ(21年10月16日)
ANAのA380 3号機、10月に成田へ 半年ぶりに試験飛行(21年9月28日)
ANA、A380の3号機受領へ 10月内納入も日本飛来は未定(20年10月22日)
ANA、オレンジのA380お披露目 空飛ぶウミガメ3号機、ハンブルクでロールアウト(20年1月24日)

那覇に初飛来
空飛ぶウミガメ、沖縄へ 写真特集・ANA A380那覇初飛来(21年9月26日)
ANAのA380、沖縄・奄美を遊覧飛行 世界遺産登録を記念(21年9月25日)
ANAのA380、那覇に初飛来 成田から2泊3日チャーター(21年9月24日)

成田-新千歳チャーターと遊覧飛行
初の新千歳夜間駐機も ANAのA380、発着異なる初チャーター終える(21年9月20日)
ANAのA380、北海道内を遊覧飛行 新千歳発着で373人参加(21年9月19日)
ANA、A380で成田-新千歳チャーター初開催 2年3カ月ぶり飛来(21年9月18日)

A380チャーター
ANA、下地島空港にA380チャーター 10月に宮古島2泊ツアー(21年9月8日)

成田-ホノルル定期便再投入
ANAの空飛ぶウミガメA380、お盆は上位クラス好調で黒字 貨物も運ぶ(21年8月17日)
ANAのA380、ホノルルへ2便目出発 深緑の2号機、お盆限定で定期便(21年8月13日)
ANAのA380、ホノルルから成田帰着 お盆にあと1往復(21年8月11日)
ANA、A380を成田-ホノルル再投入 青い初号機、1年4カ月ぶり定期便(21年8月9日)

写真特集・ANA A380 FLYING HONUの機内
(1)個室ファーストクラスでプライバシー確保(19年5月21日)
(2)ペアシートもあるビジネスクラス(19年5月22日)
(3)2階後方にゆったりプレエコ(19年5月23日)
(4)カウチシートもあるエコノミー(19年5月24日)

ホノルル空撮 初号機と2号機の2機並び
【空撮】空飛ぶウミガメ、ホノルルに2機揃い踏み ANAのA380、週10往復に(19年7月3日)