エアライン, 企業 — 2021年10月4日 11:53 JST

ピーチ、東急シェアオフィスと協業 会員向けに航空券

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は、東急(9005)が運営するシェアオフィス「NewWork」との協業を開始した。働く場所と移動の選択肢を増やすことで新しい働き方を提案し、地方への人流創出により地域の再生や活性化を目指す。第1弾として、NewWorkの会員向けに航空券を提供する。

東急NewWorkとの協業を開始したピーチ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 NewWorkは企業向けの会員制シェアオフィスで、関東を中心に全国に展開。従業員100人以上の企業が入会でき、大手企業を中心に450社以上が導入し、30万人超の会員が利用している。10月1日現在、直営店や提携店を含めで278店舗を展開する。

 提携により、ピーチは会員向けに国内線の片道航空券を提供する。10月中にNewWorkを10日間以上利用した人が対象で、年末年始の繁忙期を除き、2022年1月31日まで搭乗できる。

 新型コロナウイルスの拡大により、リモートワークが一般的になるなど働き方が変化した一方、生産性が課題にもなっている。地域経済の再生や活性化も解決課題で、ピーチはNewWorkとの協業を通じ地方への人流創出を図る。

関連リンク
ピーチ・アビエーション
東急NewWork

ANA国内線予約、9月中旬から増加 10月分、緊急事態宣言解除前の10倍に(21年10月1日)
ANA、ワクチン証明で国内往復航空券 接種後押し、旅行需要を喚起(21年9月30日)
ピーチ、パルコとコラボ 第1弾は「旅くじ」カプセル自販機(21年8月17日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post