エアライン — 2021年9月14日 15:45 JST

ソラシド、羽田-那覇も減便 26日から6便

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ソラシドエア(SNJ/6J)は9月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による需要減少により羽田-那覇線を新たに減便すると発表した。26日から29日にかけて、6便が対象となる。9月全体では前回発表分と合わせ440便を減便するが、運航率は81%で追加前と変更はない。

減便対象に羽田-那覇線が加わったソラシドエア=21年3月28日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 1日3往復の羽田-那覇線のうち、羽田発那覇行きは3便目の6J29便を26日から28日まで、那覇発羽田行きは2便目の6J28便を27日から29日まで減便する。

 ソラシドの路線は14路線で、9月はこのうち羽田発着の宮崎と熊本、長崎、大分、鹿児島の5路線と、那覇発着の福岡と鹿児島、石垣の3路線で減便が発生。羽田-那覇線が加わったことで、9路線で減便することになった。神戸-那覇線や中部-鹿児島線など5路線は現在のところ減便せず、通常運航となる見込み。

関連リンク
ソラシドエア

ソラシド、9月運航率81%に 8路線120便追加減便、羽田-鹿児島も対象に(21年9月6日)
ソラシドエア、CAが身代わりアルコール検査 国交省が厳重注意(21年9月3日)
ソラシド、脱プラの紙コップ 間伐材素材に変更、フタ・ストローも紙製に(21年8月31日)
ソラシド、9月運航率87% 羽田-宮崎など6路線314便減便(21年8月23日)
ソラシド髙橋社長、羽田-那覇「意義ある路線」 初の幹線、効果期待(21年3月28日)
ソラシド、羽田-那覇就航 初の幹線、手作り企画で旅客見送り(21年3月28日)