エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2021年9月7日 13:03 JST

JAL、沖縄・奄美の世界遺産登録で特別塗装機 初便は奄美へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は9月7日、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄島北部と西表島の4地域がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産への登録を記念した特別塗装機を就航させた。機体後部に環境省の希少動物キャラクターを描いたデカールを貼り、2022年秋ごろまで運航する見込み。

羽田空港を出発する沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機初便の奄美大島行きJL659便=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機体に描かれるキャラクターは、ヤンバルクイナのクイちゃん、アマミノクロウサギのあまくろ、イリオモテヤマネコのまーや。JALグループ3社で特別塗装機を用意し、JALはボーイング737-800型機(登録記号JA337J)、グループで地方路線を担うジェイエア(JAR/XM)はエンブラエル170(E170)型機(JA228J)、鹿児島を拠点する日本エアコミューター(JAC/JC)はATRのATR42-600型機(JA10JC)にデカールを貼った。

 7日はJAL機の就航日で、初便の羽田発奄美大島行きJL659便は乗客59人(幼児1人含む)を乗せ、午前11時54分(定刻は正午)に8番スポットから出発した。ジェイエアとJACの機体はすでに運航を開始している。

 今年3月から世界遺産登録を視野に特別塗装機(737-800、JA11RK)を運航している沖縄の日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は、機体後部の文言を「目指せ!世界自然遺産」から「祝!」に変更して運航中。同じく沖縄を拠点とする琉球エアーコミューター(RAC)では、10月中旬ごろからデハビランド(旧ボンバルディア)DHC-8-400CC型機(JA85RC)の特別塗装機を運航する。

羽田空港で出発を待つ沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を出発する沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機初便の奄美大島行きJL659便(中央)。手前は就航したばかりのA350の10号機JA10XJ=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を出発する沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機初便の奄美大島行きJL659便=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を離陸する沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機初便の奄美大島行きJL659便=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を離陸し奄美大島へ向かう沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念したJALの特別塗装機初便のJL659便=21年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
祝「世界自然遺産」「世界文化遺産」 登録おめでとう!(専用ポータルサイト)
日本航空
ジェイエア
日本エアコミューター
日本トランスオーシャン航空
琉球エアーコミューター

JTAとRAC、沖縄・奄美の世界自然遺産登録で環境保全促進(21年7月28日)
JTAとRAC、「世界自然遺産」特別デザイン機お披露目 初の全体デカール(21年3月20日)
JTAとRAC、世界自然遺産登録に向け特別デザイン機お披露目(19年9月1日)
奄美の世界遺産登録めざせ JALとJAC、ドコモが共同体発足(19年8月28日)