エアバス, エアライン, 機体 — 2021年6月17日 10:24 JST

JAL、A350今年初受領 9号機が羽田到着、年度内に14機体制へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)のエアバスA350-900型機の9号機(登録記号JA09XJ)が6月17日午前、仏トゥールーズから羽田空港へ到着した。JALがA350を受領するのは今年初で、9号機を含め年度内に6機導入し、14機体制を構築する見込み。

羽田空港に到着するJALのA350 JA09XJ=21年6月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 9号機はJL8102便として、エアバスの最終組立工場があるトゥールーズを現地時間16日午後2時19分に出発。羽田空港C滑走路(RWY34R)へは17日午前9時10分に着陸し、同17分に212番スポット(駐機場)へ到着した。

 同機はJALが今年初めて受領するA350で、直近の8号機(JA08XJ)は2020年12月21日に受領し、半年ぶりのA350となった。A350の座席数は3クラス369席(ファースト12席、クラスJ 94席、普通席263席)で、繁忙期の羽田-那覇線などには、普通席が多い3クラス391席仕様機(ファースト12席、クラスJ 56席、普通席323席)を投入する(関連記事)。

 JALは1990年代から主力大型機として運航してきたボーイング777型機を、2019年からエアバスの最新鋭機A350へ置き換えている。確定発注は標準型のA350-900が18機、長胴型のA350-1000が13機の計31機で、このほかにオプション(仮発注)で25機購入する契約を結んでいる。A350-900はおもに国内線用777-200の、A350-1000は長距離国際線用777-300ERの後継となり、5月末現在A350-900を8機受領済みで全機を国内線に投入。次世代フラッグシップとなるA350-1000は、2023年度以降の就航を計画している。

 これまで国内線の主力機材として運航していた777-200と-300は、2020年度で全機が退役済み。当初は2021年度の退役を予定していたが、米プラット&ホイットニー(PW)製エンジンPW4000シリーズを搭載する777は現在運航停止が続いており、運航再開が未確定なことから退役を前倒しした(関連記事)。A350は当初の計画通り、今年度中に6機の導入を計画する。

羽田空港に着陸するJALのA350 JA09XJ(上)=21年6月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

羽田空港に到着するJALのA350 JA09XJ(左)=21年6月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

羽田空港にあるJALの格納庫前を通過するA350 JA09XJ=21年6月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

トゥールーズから羽田空港に到着したJALのA350 JA09XJ(中央)=21年6月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
日本航空
Airbus

A350-1000は23年度
JALの次世代旗艦A350-1000、客室はどう進化するのか(21年5月9日)
JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ(21年5月7日)

国内線用A350とCA現行制服
国内線の新主力機 写真特集・JAL 11代目CA新制服とA350-900

年度内に14機体制
JAL、A350は14機体制に 21年度国内線、777は早期退役(21年1月19日)
JAL、A350 6号機が成田到着 今年初受領、仏国籍で飛来(20年5月13日)

国内線仕様の777は早期退役
1便500席時代の終焉 特集・なぜJAL国内線777-300は後継不在なのか(21年4月5日)
JAL、国内線777の退役完了 PWエンジン機運航停止で前倒し(21年4月5日)
国交省、ANA/JALに777運航停止指示 ユナイテッド機事故でPWエンジン機(21年2月22日)

繁忙期は普通席増
JAL、A350に391席仕様 普通席増で繁忙期投入、20年度国内線計画(20年1月21日)

写真特集・JAL A350-900
(1)ファーストクラスはゆとりある個室風
(2)クラスJは新レッグレストで座り心地向上
(3)普通席も全席モニター完備
(4)大型モニター並ぶコックピットや落ち着いたラバトリー