エアバス, エアライン, 機体 — 2021年6月8日 18:30 JST

スカンジナビア航空、羽田7月就航へ コロナで延期、コペンハーゲンから週2往復

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スカンジナビア航空(SAS/SK)は、就航を延期していたコペンハーゲン-羽田線を現地時間7月10日に開設する。週2往復で、羽田発の初便は12日となる。

*初便の記事はこちら

コペンハーゲン-羽田線を7月に開設するスカンジナビア航空=PHOTO: F. Lancelot, Master Films/Airbus

 コペンハーゲン発は水曜と土曜、羽田発は月曜と金曜に運航する。羽田行きSK983便はコペンハーゲンを午後2時10分に出発し、翌日午前7時55分着。コペンハーゲン行きSK984便は午前11時50分に羽田を出発し、午後4時10分に到着する。機材はエアバスA330-300型機(3クラス266席)を投入する。

 同社は羽田線を当初、2020年夏ダイヤが始まる現地時間3月29日に開設する予定だった。その後、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により開設を延期していた。

運航スケジュール
SK983 コペンハーゲン(14:10)→羽田(翌日07:55)運航日:水土
SK984 羽田(11:50)→コペンハーゲン(16:10)運航日:月金

関連リンク
スカンジナビア航空

羽田発初便
スカンジナビア航空、羽田からコペンハーゲン初便出発 A330で週2往復(21年7月12日)

スカンジナビア航空
スカンジナビア航空、A321LR導入 同社向け初号機(20年10月19日)
スカンジナビア航空、北欧3カ国が金融支援へ(20年6月22日)
スカンジナビア航空、羽田-コペンハーゲン20年3月就航へ A350投入、成田から移管(19年12月9日)
スカンジナビア航空、羽田就航に意欲 成田から移管、A350投入も(17年2月24日)
スカンジナビア航空、北極ルート60周年 成田で式典(17年2月24日)
スカンジナビア航空、日本就航65周年 9地点経由で丸2日以上(16年5月4日)
スカンジナビア航空、プレエコとエコノミーもシート刷新 11月日本投入(15年4月15日)
スカンジナビア航空、離着陸時リクライニング可のビジネス 11月日本投入(15年4月10日)