空港 — 2021年4月6日 20:23 JST

中部空港、物販エリア全面改装 パイ専門店も新規出店

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社は、第1ターミナル3階出発ロビーの店舗「銘品館」を全面改装し、4月9日に再オープンする。リニューアル後は期間限定のものを含め、2ブランドを新たに展開する。

リニューアルする中部空港の「銘品館」(中部国際空港会社提供)

 銘品館は東海地方を中心とした名産品・特産品を取り扱う店舗で、面積は約428平方メートル。商品数は約1600点で、リニューアル前からおよそ50点増加した。2012年以来9年ぶりの全面改装で、通路幅を広くしたほか、商品を手に取りやすく、見やすい店舗作りに変更。新たに銘品館コンシェルジュスタッフを常駐させる。

 新規出店は1店舗で、うなぎパイで有名な春華堂(静岡・浜松市)が手がけるパイ専門店の新ブランド「coneri」が出店するほか、グレープストーン(東京・銀座)が雑誌『Hanako』とコラボしたクレームブリュレタルト「喫茶店に恋して。」も期間限定で取り扱う。

 営業時間は午前6時30分から午後8時まで。年中無休。

関連リンク
中部国際空港 セントレア
coneri
喫茶店に恋して。

おうち機内食も本格的に 中部空港、ファンイベントで機内カート抽選会(21年3月21日)
中部空港FLIGHT OF DREAMS、有料エリア刷新 3月末で体験コンテンツ終了、商業エリア継続(21年2月22日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: