エアライン — 2021年3月19日 15:40 JST

ピーチ、無料PCR検査延長 5月9日搭乗分まで、成田・関西発国内23路線

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は3月19日、出発前の一部国内線利用者を対象に提供している無料PCR検査について、対象期間を延長すると発表した。ゴールデンウイーク後の5月9日搭乗分まで延長する。対象路線は成田と関西の2空港を出発する国内23路線で、延長前からの変更はない。

出発前の無料PCR検査の期間を延長するピーチ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ピーチなどが提供する「新型コロナウイルス郵送検査サポートオプション」は、出発前に自宅で新型コロナウイルスの検査を受けられるもので、搭乗の10日前までにピーチのウェブサイトで申し込む。これまで3月31日搭乗分までとしていた期間をゴールデンウイーク明けまで延長する。最終受付は4月29日で、定員に達し次第、受付を終了する。

 対象となる運賃プラン「バリューピーチ」か「プライムピーチ」で予約した場合に、オプションで提供する。検査費用はピーチなどが負担し、利用者の負担額はゼロに抑えた。検査キットの返送料のみ自己負担となる。介護や通院などコロナ禍でも移動が必要な利用客に対し、安心して移動できる環境の実現を目指す。

 ピーチの夏ダイヤ国内線計画によると、4月30日までの期間中は全32路線中23路線で減便が発生。一方で需要が増加傾向にあることから、4月の運航率は74%に回復させる。関西-釧路線や成田-奄美線など9路線は減便せず、計画通り運航する。

 搭乗前のPCR検査は、日本航空(JAL/JL、9201)も国内線利用者を対象に提供。JALのマイル会員などが利用でき、6月30日搭乗分まで税込み2000円で提供している。

関連リンク
ピーチ・アビエーション
成田国際空港会社
関西国際空港全体構想促進協議会
SS Dnaform

ピーチ、4月減便率26% 9路線で通常運航、回復傾向に(21年3月16日)
ピーチ、自己負担ゼロで搭乗前コロナ検査 自宅で検体、成田・関空発の国内線対象(21年2月10日)
JAL、国内線旅客にPCR検査 マイル会員、2000円で(21年3月1日)