エアライン — 2021年1月20日 05:00 JST

IBEX、夏ダイヤ2路線減便 中部-仙台・松山

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アイベックスエアラインズ(IBEX、IBX/FW)は1月19日、夏ダイヤ(3月28日から10月30日)の路線便数計画を発表した。冬ダイヤ(20年10月25日から3月27日)の計画便数より減便するのは2路線で、仙台-中部線と中部-松山線を1日1往復ずつ減便する。

夏ダイヤで仙台-中部線と中部-松山線を減便するIBEX=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 夏ダイヤの路線数は15路線。減便する2路線は、仙台-中部線が冬ダイヤの1日3往復を2往復に、中部-松山線は1日2往復を1往復にそれぞれ減便する。

 残り13路線のうち、1日あたりの便数がもっとも多いのは仙台-福岡線で5往復。次が3往復の仙台-札幌(新千歳)線、2往復となるのは仙台-伊丹、広島、伊丹-福島、新潟、中部-大分、福岡-新潟の6路線、1往復が中部-福岡、鹿児島、伊丹-福岡、大分、鹿児島の5路線となる。

関連リンク
IBEXエアラインズ

ANA国内線、前年度比15%縮小へ 大型機は5割削減(21年1月19日)
JALの夏ダイヤ国内線、沖縄拡充へ JTA羽田路線はJAL便名に(21年1月19日)
地域航空4社、リージョナル航空協議会設立 会長はFDA鈴木与平氏(20年12月2日)
IBEX、成田撤退 18年半に幕、小松は16年(20年10月24日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post