エアライン — 2021年1月8日 12:10 JST

春秋航空日本、国内3路線減便 3月まで、広島・札幌は土日のみ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 春秋航空日本(SJO/IJ)は1月8日、3路線ある国内線を減便すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響よるもので、2月1日から3月19日までが対象となる。

3月までの国内線を減便する春秋航空日本=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 同社の路線は、国内・国際線ともに拠点とする成田空港を発着する。国内線は通常、1日2往復ずつ運航する広島線と札幌(新千歳)線、1往復の佐賀線の3路線で、期間中の広島線と札幌線は土曜と日曜のみ1往復ずつ運航。佐賀線は日曜のみ運航する。

 3月20日以降は、広島線と札幌線を1日1往復ずつ、佐賀線を金曜から日曜の週末のみ1往復ずつ運航する。

関連リンク
春秋航空日本

春秋航空日本、成田-南京22日就航 隔週金曜のみ、国際7路線に(21年1月6日)
春秋航空日本、国内3路線は週末継続 1月末まで(20年12月9日)
JAL、公募増資で最大約1826億円調達へ 新株1916円(20年11月18日)
春秋航空日本、成田市に食品寄贈 減便で販売品余剰、福祉施設で活用(20年9月25日)