エアライン, 企業, 官公庁 — 2021年1月6日 16:37 JST

ピーチ、長崎行きでも搭乗前抗原検査 関空発国内3路線に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は1月6日、利用客が搭乗前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗原検査を受け、国内線を利用できるようにする「抗原検査後国内線利用実証事業」の対象路線を追加すると発表した。7日から関西発長崎行きも対象に加え、3路線で実証する。

搭乗前の抗原検査実証を関空発長崎行きでも開始するピーチ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 受付開始は7日午後2時からで、12日以降の搭乗分が対象となる。自己負担額は従来と同額の税別3000円を継続する。

 抗原検査後国内線利用実証事業は、関空発の宮崎行きと奄美行きを対象に、2020年11月13日から開始。各路線の搭乗客が対象となる運賃プラン「バリューピーチ」か「プライムピーチ」で予約した場合に、オプションで提供する。提供期間は3月31日搭乗分まで。

 同事業は、関西の自治体・経済団体などで構成する関西国際空港全体構想促進協議会と、受託臨床検査事業を展開するエスアールエル(東京・新宿)などが協力する。就航先の宮崎・鹿児島の両県も協力し、長崎線の追加により長崎県も支援する。提携クリニックは、大阪府西区のうつぼ Garden Clinicと兵庫県尼崎市の森川内科クリニックの2院で、搭乗5日前までに来院し、受検するなどの事前予約が必要となる。

関連リンク
ピーチ・アビエーション
長崎県
関西国際空港全体構想促進協議会
宮崎県
鹿児島県
エスアールエル
うつぼ Garden Clinic
医療法人煌仁会 森川内科クリニック

ピーチ、搭乗前抗原検査の期間延長 3月末まで(20年12月14日)
ピーチ、尼崎の病院でも搭乗前抗原検査 提携クリニック追加、2院に(20年12月9日)
ピーチ、搭乗前の抗原検査スタート 帰省先での感染拡大防止、負担補助で安価に(20年11月13日)