エアライン, 空港 — 2020年11月20日 15:50 JST

ピーチ、中部-那覇・石垣21年1月就航へ 森CEO「生き残りかけた路線」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は11月20日、中部(セントレア)発着の那覇と石垣の2路線を2021年1月22日に開設すると発表した。いずれも1日1往復ずつ運航する。ピーチは12月に中部への就航を予定しており、沖縄2路線の開設により中部路線は4路線となる。中部-石垣線をLCCが開設するのは初めて。

中部空港で使用するT1のMカウンター前で沖縄2路線の開設をアピールするピーチの森CEO(右から2人目)と中部国際空港会社の犬塚社長(左から2人目)。両端はピーチの客室乗務員と中部空港のキャラクター「フー」=20年11月20日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
森CEO「早期に需要が見込めるところ」
将来的にはT2移転も

森CEO「早期に需要が見込めるところ」

 那覇線の運航スケジュールは、那覇行きMM481便は中部を午前7時25分に出発し、午前9時55分に着く。中部行きMM482便は午前10時35分に那覇を出発し、午後0時35分に到着する。

 石垣線の運航スケジュールは、石垣行きMM487便は中部を午後1時25分に出発し、午後4時25分に着く。中部行きMM488便は午後5時5分に石垣を出発し、午後7時25分に到着する。

 ピーチは中部空港へ12月24日に就航する。札幌(新千歳)線は1日2往復、仙台線は同1往復を計画し、夜間駐機して拠点化する。新路線の就航地となる那覇は2014年に拠点化。那覇からの国内線は関西と成田、福岡、札幌、仙台の5路線運航している。石垣からは関空と成田の2拠点から乗り入れている。

開設する沖縄2路線について「生き残りをかけた路線」と語るピーチの森CEO=20年11月20日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 同社の森健明CEO(最高経営責任者)は今回開設する沖縄2路線について、「ピーチの生き残りをかけた路線、と位置付けている」とした。12月に就航する札幌と仙台の2路線の予約が好調なことから、「次(沖縄2路線)を開設してもやっていける」と述べ、需要拡大に自信を見せた。

 新規路線は、すでに就航している空港への路線開設はコストがかからないことから、既存の就航地から選択した。森CEOは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を念頭に置き、「こういう環境下の新路線開設で、既存の空港を結ぶことを優先した。早期に需要が見込めるところを選んだ」と語った。

 中部空港を運営する中部国際空港会社の犬塚力社長は、就航前の路線拡大について「大きなお年玉をいただいた」と謝意を示した。今後は空港会社でもピーアール活動を展開し、中部地域でのピーチの知名度向上を目指す。犬塚社長は「中部地域にピーチが根付くように協力していきたい」と述べた。

 会見後、名古屋市出身のピーチの客室乗務員がシールを配布し、空港の利用客に中部就航をアピールした。

利用客にシールを渡して中部就航をアピールするピーチの客室乗務員=20年11月20日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

将来的にはT2移転も

 ピーチは中部空港で、全日本空輸(ANA/NH)などフルサービス航空会社(FSC)が入居する第1ターミナル(T1)のMカウンターを使用する。将来的には、2019年9月にオープンしたLCC専用の第2ターミナル(T2)への移転も検討する。

 森CEOはハンドリング(地上業務)はANAグループに委託することから、現在は空きスペースがあるT1を使用するとした上で、「利用客が戻ってきた場合、スポット(駐機場)などでT1は制約がある。便が増えたときの課題だ」と述べ、将来的にはT2への移転も視野に入れる姿勢を示した。

 一方で鉄道駅からT2までは徒歩のみでのアクセスで、7分近くかかる距離が懸念材料となる。森CEOは「LCCターミナルは不便で遠い、というのが一般的な認識。『遠いが不便ではない』というふうに変えるのは、空港ごとにやり方が異なる」と語り、中部国際空港会社に施策を求めた。

 犬塚社長は“距離感対策”について、航空各社の意向や利用客の意見を参考にしながら進めていく意向を示した。

運航スケジュール
中部-那覇
MM481 中部(07:25)→那覇(09:55)
MM482 那覇(10:35)→中部(12:35)

中部-石垣
MM487 中部(13:25)→石垣(16:25)
MM488 石垣(17:05)→中部(19:25)

関連リンク
ピーチ・アビエーション
中部国際空港

クリスマスイブに中部就航
ピーチ、中部12月就航 札幌と仙台、クリスマスイブから(20年10月21日)
ピーチ、中部12月就航へ 国内線拡充を前倒し(20年10月14日)

特集・森CEOが考えるピーチと新型コロナ
後編 国際線回復「24年よりも前」
前編 「成田国内線を羽田並みに」

LCC専用のT2
中部空港、LCCターミナル供用開始 初便は発着ともジェットスター(19年9月20日)