エアライン — 2020年11月17日 16:44 JST

エアアジア・ジャパン、破産手続き開始

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 12月に事業を廃止するエアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は11月17日、東京地方裁判所に破産手続き開始の申し立てを行った。17日夜に会見を開く。

破産手続き開始を申し立てたエアアジア・ジャパン=20年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 エアアジア・ジャパンは中部空港(セントレア)を拠点とし、国内線は札幌線と仙台線、福岡線、国際線は台北(桃園)線の計4路線を運航していた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、9月の4連休に中部-札幌線を運航後は全路線運休となり、12月5日付で事業廃止となる。

 負債総額は約217億円。新型コロナの影響で、国内の航空会社が経営破綻するのは初めて。社員は残務整理にあたる一部を除き、11月に解雇している。

 機材はエアバスA320型機が3機で、いずれもリース機。座席数は初号機(登録記号JA01DJ)と2号機(JA02DJ)が1クラス180席、3号機(JA03DJ)が1クラス186席で、全便運休前の9月に稼働した機体は3号機のみだった。エアアジア・ジャパンの撤退は、2013年10月26日の運航便を最後に運休して以来、2度目となった。当時は持株会社化前の全日本空輸(ANA/NH)との合弁会社で、今回破綻した会社とは別会社となる。

関連リンク
エアアジア

エアアジア・ジャパン、航空券の未返金3.7億円 負債217億円(20年11月18日)
ピーチ、中部12月就航 札幌と仙台、クリスマスイブから(20年10月21日)
エアアジア・ジャパン、2度目の撤退 9月4連休で幕(20年10月5日)
エアアジア・ジャパン、中部-札幌就航 1日2往復(17年10月29日)
エアアジア、楽天と日本再参入 15年6月就航、羽田も視野に(14年7月1日)
エアアジア・ジャパン、最終日迎える 95万人運ぶ(13年10月26日)

【お知らせ】
3段落目と4段落目を追記しました。(20年11月17日 21:00 JST)