エアライン — 2020年11月13日 19:00 JST

JTA、ジンベエジェットで沖縄の島々遊覧 歴代制服CAも搭乗、12月実施

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は11月13日、那覇発着の遊覧飛行を12月20日に実施すると発表した。沖縄本島や周辺の島々を上空から楽しむフライトで、「JTAで行く美(ちゅ)ら島遊覧飛行」と名付けて特別塗装機「ジンベエジェット」(ボーイング737-800型機、登録記号JA05RK)による運航を予定している。歴代制服を着用した客室乗務員が同行する。

ジンベエジェットによる遊覧飛行を実施するJTA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 遊覧飛行当日は、沖縄県庁前の県民広場に集合・解散。フライトは那覇空港を午後3時5分ごろ出発し、午後4時55分ごろ戻る。飛行ルートは当日の天候により、2つのルートから決める予定で、第1ルートは那覇空港から沖縄本島中北部、沖永良部、伊江島、久米島を巡り、那覇へ戻る。第2ルートは、那覇から宮古島へ向かい、那覇に帰着する。

 機内では、パイロットによるジンベエジェット誕生秘話や飛行機の豆知識解説などが行われ、歴代制服を着用した客室乗務員2人が華を添える。エイアンドダブリュ沖縄特製サンドイッチBOXやおみやげを用意し、「うとぅいむち(おもてなし)」の心を込めて運航するという。

 今回の遊覧飛行は、政府の観光支援事業「Go To トラベルキャンペーン」の対象商品。旅行代金は普通席利用の場合、1人税込1万円(通路席1人利用)から4万3600円(窓側席1人利用)だが、GoToトラベル適用で支払額は6500円から3万6600円となり、地域共通クーポン2000円から3000円分が付く。中央席は単独で販売せず、2人で参加する場合は3席用意する。3人参加時は同時申込の場合、3席並び席で用意する。

 クラスJの場合、同2万2000円(3人利用の1人分)から5万9600円(1人利用)だが、GoToトラベル適用で1万5000円から5万2600円になり、地域共通クーポン3000円分が付く。1人参加の場合、隣席は空席にする。

 販売は11月16日午前10時から。JAL JTAセールスが運営するサイト「ジャパウォークオキナワ」で販売する。最少催行人数は1人、募集予定人数は151人となっている。両クラスとも座席指定はできない。

関連リンク
JTAで行く南の島々遊覧飛行
日本トランスオーシャン航空

専用アプリ不要の機内ARで沖縄の魅力発信 JTA機長が発案(20年5月6日)
JTA、新ジンベエジェット就航 虹に彩られた那覇から初便出発(17年10月22日)
ジンベエ塗装が新旧勢ぞろい 写真特集・JTA新さくらジンベエ沖縄到着(18年1月3日)