エアライン, 企業, 官公庁 — 2020年11月8日 16:58 JST

ドローンとアバターで離島の遠隔診療検証 ANAら、五島で実証実験

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 五島スマートアイランド実証推進調査協議会(代表:長崎県五島市)は、同市の福江島から約5キロ離れた嵯峨島(さがのしま)へ医薬品をドローンで運ぶ実証実験を実施した。嵯峨島の診療所を訪れた患者を福江島の医師がオンラインで診察し、処方した薬をドローンで嵯峨島まで運ぶもの。離島地域などの住民の生活を支える新しい地域医療体制の構築を目指す。

福江島から嵯峨島へドローンで運ばれた処方薬を看護師から受け取る島民(ANAHD提供)

 協議会は、国土交通省スマートアイランド推進実証調査業務の一環として、ドローンによる処方薬などの輸送のほか、「アバター」と呼ばれる遠隔地から操作者の分身として動かせるロボットや、タブレットなどを患者と医師を結ぶコミュニケーションツールとして活用した、オンライン遠隔医療の離島モデルの構築を目指す。福江島と嵯峨島を結ぶオンラインによる診療と服薬指導を、10月5日から2021年2月12日まで実施している。

 嵯峨島の患者は、島内の嵯峨島出張診療所に来院。ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のavatarin(アバターイン)が開発した遠隔コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を使い、福江島の三井楽診療所の医師によるオンライン診療を受ける。医師が処方した薬は、福江島貝津港からANAHDが運航を手掛けるドローンで運び、嵯峨島在住の看護師が患者に手渡す。患者が希望する場合、遠隔で服薬指導を実施することで、嵯峨島から離れずに薬を受け取れるようになる。

嵯峨島の診療所でアバター「newme」を使った遠隔診療を受ける島民(ANAHD提供)

 薬を運ぶドローンは、自立制御システム研究所(ACSL)が開発した機体を使用。今回の実証実験には、長崎大学とNTTドコモ九州支社、NTTコミュニケーションズ、メトロウェザーも参画している。

 ドローンによる医薬品の輸送は11月4日から6日まで実施。ドローンは風速10メートル程度までは飛行でき、報道関係者に公開した5日は好天に恵まれた。

 嵯峨島は人口65世帯106人の島。1日に3-4便の定期船が運航されており、島には出張診療所がある。看護師が1人常駐しており、福江島の三井楽診療所から週に1度医師が通っているが、悪天候の場合は嵯峨島へ渡れない場合もあり、遠隔診療を検証している。

 ANAHDは五島列島のほか、北海道旭川市や福岡県などでもドローン配送の実証実験を行っており、今後も五島で新たな実験を計画している。

五島列島での遠隔診療の実証実験でANAホールディングスが運航したACSLのドローン(ANAHD提供)

嵯峨島へ処方薬を運ぶドローン(ANAHD提供)

嵯峨島へ処方薬を運んだドローン(ANAHD提供)

福江島から嵯峨島へドローンで運ばれた処方薬を看護師から受け取る島民(ANAHD提供)

関連リンク
全日本空輸

ANA、旭川でドローン医薬品配送の実証試験 旭川医大と老人ホーム間運ぶ(20年7月19日)
ANA、物流ドローン共同開発で提携 エアロネクストと(20年5月20日)
ANA、羽田から離島のドローン遠隔操縦 1000キロ離れた五島列島でちらし寿司運ぶ(20年1月13日)
ANA、五島列島でドローン配送実験 離島の利便性向上へ(19年9月10日)
ANA、ザンビアでドローン使い血液検体輸送 エアロセンスやNCGMと(19年9月9日)
ドローンで離島のアワビ・サザエ空輸 ANAやLINEなど、福岡でBBQ実証実験(19年8月2日)
ANAとACSL、ドローンの海上目視外飛行検証へ 玄界島で(19年5月13日)
成田近郊でドローン操縦認定会 合格率7%、JAL協賛(19年5月12日)
ANA、福岡・玄界島でドローン配送の実証実験 20年以降の事業化目指す(18年11月22日)
ANA、ドローンで被雷点検 伊丹で787使い検証(17年2月15日)