エアライン, 空港 — 2020年11月6日 17:11 JST

アシアナ航空、8カ月ぶり中部行き 政府の制限緩和で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アシアナ航空(AAR/OZ)は11月20日に、ソウル(仁川)-中部線を再開する。政府が中国と韓国からの日本行き航空便について、中部への到着も1日から対象に加え、制限を緩和したことによるもので、往復での運航となる。同社の中部行き便と、韓国から中部への旅客便到着は今年3月8日以来、約8カ月ぶりとなる。

8カ月ぶりに中部線を再開するアシアナ航空(資料写真)=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 11月20日に運航する中部行きOZ122便は、ソウルを午前8時30分に出発し午後10時30分に着く。ソウル行きOZ121便は正午に中部を出発し、午後2時に着く。機材はエアバスA330-300型機(2クラス275席:ビジネス30席、エコノミー245席)を投入する。20日以降のスケジュールは決定次第発表する。

 政府は3月5日に、中国人と韓国人に発給したビザの効力停止を発表。到着空港も成田と関西の2空港のみに制限した。中部は対象から外れたため、9月に大韓航空(KAL/KE)が運航した同路線は、中部着を貨物便で、中部発を旅客便で運航した。

運航スケジュール
OZ122 ソウル(08:30)→中部(10:30)運航日:11月20日
OZ121 中部(12:00)→ソウル(14:00)運航日:11月20日

関連リンク
アシアナ航空

大韓航空、9月に中部発ソウル行き 半年ぶり運航(20年8月18日)
アシアナ航空、成田-ソウル臨時便 14日と16日、貨物も(20年4月9日)
中国・韓国から入国制限 到着は成田・関空のみ(20年3月5日)