エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2020年11月1日 14:55 JST

ピーチ、ANAの貨物扱い開始 初便は福岡から那覇へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のLCCであるピーチ・アビエーション(APJ/MM)は11月1日、航空貨物の取り扱いを始めた。同じく傘下の全日本空輸(ANA/NH)、貨物事業会社ANAカーゴ(ANA Cargo)が航空貨物のコードシェア(共同運航)を実施するもので、1日の福岡発那覇行きMM283/NH9603便(エアバスA320型機、登録記号JA823P)が、ピーチによる航空貨物扱いの初便となった。

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 今回の貨物扱いは、ピーチの運航便の貨物スペースをANAカーゴが販売。エアバスA320型機の床下にある貨物室を使う。ピーチのA320は貨物コンテナの搭載に対応していないタイプのため、ボーイング737型機などと同じ「ばら積み」で、機側まで貨物コンテナで運ばれた積み荷を作業者が貨物室内に積み込んでいく。今回のコードシェアは貨物のみで、旅客は対象外となる。

 A320は最大2トンの貨物が積めるものの、ピーチは到着から出発までの折り返し時間が短い。このため、ピーチの事業戦略室インフライト・貨物事業部の山内直樹部長によると、最大800キログラムに搭載量を抑えるという。

 ANAカーゴの国内貨物販売部の尾田真・九州販売支店長は、「航空貨物需要は旺盛なものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による減便や運休で貨物搭載スペースがひっ迫している」と話す。今回の貨物コードシェアでは、生鮮品や野菜、肉、魚といった食料品、電子部品など、これまでもANAが運んできたものを扱うという。また、福岡からスタートしたのは、運賃とニーズで決まったという。

 初便のMM283/NH9603便は乗客155人(幼児2人含む)に加え、生鮮品や生活雑貨などの貨物560キログラムを積み、福岡を午前10時33分に出発した。

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ピーチの貨物扱いは、1日の福岡発那覇行きと札幌(新千歳)行きからスタート。那覇行きは1日2便、札幌行きは同1便で、12月からは「保税転送」と呼ばれる国際貨物の国内輸送区間を担う。

 保税転送は、成田発着4路線を対象に12月1日開始。成田-関西線が1日3往復、札幌線が同2往復、福岡線が同4往復、那覇線が同3往復となる。2021年2月1日からは、国内貨物を拡充。関西発札幌行き(1日1便)、関西発那覇行き(同2便)、中部発札幌行き(同1便)でも貨物を扱う。

*写真は16枚。

福岡空港に着陸するピーチのA320=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港に到着するピーチのA320=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で航空貨物を積み込むピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でピーチの那覇行きMM283便に積んだ航空貨物の状態を確認するANAの係員=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でピーチの那覇行きMM283便の貨物室に積み込まれた航空貨物=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で出発を待つ航空貨物を積んだピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港を出発する航空貨物を積んだピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港の滑走路へ向かう航空貨物を積んだピーチの那覇行きMM283便(下)=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港を離陸する航空貨物を積んだピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港を離陸する航空貨物を積んだピーチの那覇行きMM283便=20年11月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
ピーチ・アビエーション
全日本空輸
ANAカーゴ

ピーチ
ANAマイル、ピーチポイントに 21年3月末まで(20年10月28日)
ピーチ、国際線7カ月ぶり再開 台北3路線、初便は関空発(20年10月26日)
ピーチ、仙台-那覇就航 LCC初の東北-沖縄路線(20年10月26日)
ピーチ、札幌-那覇就航 国内最長、片道4時間(20年10月26日)
ピーチ、A320neo就航 燃費2割改善、リクライニング済みシート(20年10月25日)
ピーチ、成田1タミ1年ぶりに復帰 国際線は北ウイング、駅直結で利便性向上(20年10月25日)
ピーチ、中部12月就航 札幌と仙台、クリスマスイブから(20年10月21日)

ANA
三重県とANA、連携協定締結 Society5.0実現で協業、ピーチ中部就航に期待感(20年10月31日)
ANA社員の出向、三重県も受入検討 鈴木知事が表明(20年10月31日)
ANA片野坂HD社長「影響は軽微」 三菱スペースジェット、納期「説明いただいていない」(20年10月31日)
ANA、787で中距離国際線LCC新設 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へ(20年10月27日)
ANA、777Xは2年受領延期 経年機35機退役でコスト削減、777や737-700(20年10月27日)
ANA、21年3月期5100億円最終赤字に 片野坂HD社長「来期は黒字化」(20年10月28日)

特集・森CEOが考えるピーチと新型コロナ
前編 「成田国内線を羽田並みに」
後編 国際線回復「24年よりも前」