エアライン, 空港 — 2020年10月25日 21:42 JST

スターフライヤー、羽田発着1タミに集約 “R1ドア”運用も終了

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は冬ダイヤ初日の10月25日、羽田空港の発着便を第1ターミナル(T1)に集約した。羽田4路線のうち、前日24日まで第2ターミナル(T2)発着だった関西線と山口宇部線の2路線をT1へ移し、既存2路線を含む羽田発着全便がT1に乗り入れるようになった。

京急の羽田空港第1・第2ターミナル駅でスターフライヤーの羽田全4路線が冬ダイヤ初日から第1ターミナルに集約したことを案内する広告=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
関西・山口宇部もT1へ
A検査場は長蛇の列

関西・山口宇部もT1へ

 関西と山口宇部の2路線は、これまで全日本空輸(ANA/NH)などが使用するT2を発着し、57番スポット(駐機場)を使用していた。T1を発着する北九州と福岡の2路線は1番と2番スポット、バスゲートを使用し、25日からは3番スポットも使用する。

 ターミナルが異なっていた10月24日まで、一部便では乗客が前方右側の「R1ドア」から降機していた。航空機がT1の1番スポットに到着した場合のT2発着路線が対象で、乗客はタラップ車で降機し、T2へはバスで向かっていた。この運用は2016年冬ダイヤ初日の同年10月30日に始まり、国内定期便で唯一となるR1ドアでの運用だった。T1への集約により、R1ドア運用も終了となった。

 今回移転対象となった関空線は2007年9月14日に、山口宇部線は2014年10月26日にぞれぞれ開設。2路線とも就航当初からT2を使用していた。2006年3月16日に開設した北九州線は、就航当初からT1を使用している。

 2011年7月1日に運航を開始した福岡線は、就航当初はT1に乗り入れていた。その後2014年10月26日にT2に移り、2017年10月29日からはT1へ再移転した。

 現在、スターフライヤーは羽田路線を4路線運航。通常、1日あたりの定期便は北九州線を11往復、福岡線を8往復、関空線を5往復、山口宇部線を3往復運航している。



【YouTube】10月24日で終了したスターフライヤーの羽田R1ドア運用の動画


R1ドアから搭乗するスターフライヤーの関西行き7G29便の乗客。夏ダイヤ最終日の24日で終了した=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

スターフライヤーの関空行きが出発する羽田空港第1ターミナルの1番搭乗口(同社提供)

スターフライヤーの山口宇部行きが出発する羽田空港第1ターミナルの3番搭乗口(同社提供)

スターフライヤーの山口宇部行きが出発する羽田空港第1ターミナルの3番搭乗口(同社提供)

羽田空港第1ターミナルの3番スポットで出発を待つスターフライヤーの山口宇部行き7G13便(同社提供)

A検査場は長蛇の列

 4路線の集約初日となった10月25日は、白水政治社長をはじめとしたスターフライヤーのスタッフが横断幕を掲げて出発客を見送り、T1集約をアピールした。

 同社のチェックインカウンターはT1の南ウイングにあり、保安検査場Aを使用している。4路線の集約によりA検査場は長蛇の列となり、混雑した様子だった。

 京浜急行電鉄(9006)の羽田空港第1・第2ターミナル駅では、ホームから改札へ向かう階段にターミナル移転を告知する看板を設置。T2の地下1階中央から2階出発ロビーの直通エスカレーターを登り切ったところに、スターフライヤーの地上係員が案内を持ち、利用者に声がけをしていた。これまで使用していたT2の保安検査場B付近にも、移転告知の看板を設置した。

 一方で、コードシェア(共同運航)するANA便のT2の発着案内には、T1へ移転したスターフライヤー便の記載はなかった。

利用客を見送るスターフライヤーの白水社長(左)ら(同社提供)

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約し混雑するスターフライヤーの保安検査場=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約し混雑するスターフライヤーの保安検査場=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約したことを示すスターフライヤーのカウンターに設置された案内表示=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約したことを示すスターフライヤーのカウンターに設置された案内表示=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

京急の羽田空港第1・第2ターミナル駅改札前でスターフライヤーの羽田全4路線が冬ダイヤ初日から第1ターミナルに集約したことを示す案内表示=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約したことを示す案内を手にするスターフライヤーの地上係員=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

冬ダイヤ初日から羽田全4路線を第1ターミナルに集約したことを示すスターフライヤーのカウンターに設置された案内表示=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
スターフライヤー

R1ドア運用の動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
飛行機に右から乗り降り スターフライヤー羽田R1ドア運用見納め

世界初!機内でプラネタリウム鑑賞 スターフライヤーが北九州発着の周遊フライト(20年10月18日)
羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」(20年9月26日)
スターフライヤー、羽田1タミに集約 10月から関空・山口宇部も(20年8月18日)
スターフライヤー福岡行き、羽田1タミ発に 10月から3年ぶり(17年7月13日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post