エアライン — 2020年10月6日 18:26 JST

スターフライヤー、18日に羽田-福岡1往復増便 需要増加で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は羽田-福岡線のうち、現在は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で運休している1往復2便を10月18日のみ復便し、臨時増便して運航する。同社によると、18日午後の同路線が混雑してきたため、増便することにしたという。

羽田-福岡線を臨時増便するスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 福岡行き7G33便は、羽田を午後7時45分に出発し、午後9時40分着。羽田行き7G32便は福岡を午後7時45分に出発し、午後9時25分に到着する。航空券の販売は7日午前0時から。

 スターフライヤーでは、今後も需要動向に合わせて運航便数を調整するという。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、10月41%減便 羽田-福岡・北九州など3路線(20年9月16日)
福岡空港、航空9社が合同見送り 「TEAM FUK」で明るい話題を(20年9月14日)
世界初、上空でプラネタリウム スターフライヤー、10月に企画便(20年8月27日)