エアライン, 機体 — 2020年7月14日 20:46 JST

Boom、超音速実証機XB-1を10月ロールアウト 21年初飛行へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 超音速旅客機を開発中の米Boom Technology(ブーム・テクノロジー、本社デンバー)は、超音速飛行の技術実証機「XB-1」を10月7日にロールアウト(完成披露)する。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響により、イベントはオンライン開催を予定。今年後半から試験を開始し、2021年の初飛行を目指す。

10月7日にロールアウトを予定しているBoomの超音速実証機XB-1(同社サイトから)

超音速実証機XB-1を10月にロールアウトするBoomのショールCEO=19年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 XB-1は2人乗りで、主翼の形状はデルタ翼を採用し、エンジンは既存のGE製J85-15が3基。アフターバーナーを使ってマッハ2.2の実現を目指す。Boomによると。すでに複数回の風洞実験や数十回の構造実験、数百回のシミュレーションを実施しているという。

 BoomはXB-1で超音速飛行の技術を検証し、同社初の超音速旅客機「Overture(オーバーチュア)」の開発につなげる。アマゾンやグルーポンで要職を務めたブレイク・ショール創業者兼CEO(最高経営責任者)が2014年9月に設立した独立系の機体メーカーで、日本航空(JAL/JL、9201)は2017年12月に同社と提携して1000万ドルを出資し、将来の優先発注権を20機分確保している。

 Overtureは設計段階で、Aviation Wireが2019年5月にショールCEOを取材した時点で、2020年代半ばの実用化を目標に掲げている。

*ショールCEOへの単独インタビューやオフィスの様子はこちら

関連リンク
Boom Technology
日本航空

運賃はビジネスクラス+α 超音速機ベンチャーBoom、JALもサポート(19年6月27日)
超音速機ベンチャーBoom、実証機XB-1を19年末ロールアウトへ 西海岸まで5.5時間(19年5月20日)
JAL、超音速機開発で米社と提携 20年代の実現目指す(17年12月6日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: