エアライン — 2020年6月27日 09:00 JST

エア・カナダ、社債などで960億円調達

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エア・カナダ(ACA/AC)は、社債発行などで新たに12億3000万カナダドル(約960億円)をこのほど調達した。中国から拡散した新型コロナウイルスの流行以来、合計で55億カナダドルの流動性を確保したとしている。国際線で本格的な運航拡大を見込みにくい中、財務基盤を強固にする。

社債発行などで新たに12億3000万カナダドルを調達したエア・カナダ=

 エア・カナダは、8億4000万カナダドル分の社債を6月22日付で発行。償還期限は2024年で、同社の不動産や地上サービス設備、発着枠などが担保となっている。これとは別に、機体購入資金の証券化商品である「EETC」という枠組みを使い、残り4億カナダドル弱を調達した。

 これにより、6月末時点の同社の流動性は90億カナダドルになる見通し。今後は11億カナダドル規模のコスト低減プログラムなどの実施を計画しており、経営合理化を急ぐ。

関連リンク
エア・カナダ

エティハド航空とエア・カナダ、マイル提携(20年6月9日)
エア・カナダ、羽田-トロント再開延期 7月から週4往復(20年5月27日)
エア・カナダ、日本2路線6月再開へ 成田-バンクーバー週4往復、羽田-トロント3往復(20年5月25日)
エティハド航空、成田へ臨時便 邦人帰国向け(20年4月17日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post