企業, 官公庁, 機体 — 2020年6月18日 15:10 JST

川重、BK117 D-3受注 警察庁とミネベアミツミ現地法人から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 川崎重工業(7012)は、最新中型双発ヘリコプター「H145//BK117 D-3」を警察庁とNMB-Minebea Thaiから受注した。いずれも2022年3月に引き渡される予定で、D-3として初の警察向けと海外向けの受注となった。警察庁からは2機、NMB-Minebea Thaiからは1機受注した。

新型5枚ブレードを採用したH145最新型(エアバス・ヘリコプターズ提供)

 D-3は、現行機BK117 D-2の改良型でフルフラットフロアを備えたキャビン、後部の観音開きカーゴドア、高高度でのホバリング性能の向上、低騒音化、最新アビオニクス搭載といった特長を継承。最新式の5枚ブレードによるメインローター・システムの採用などにより、D-2と比べて有効搭載重量が約150kg増え、整備期間を約50%短縮した。

 BK117は川重と旧西ドイツのMBB(メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム、現エアバス・ヘリコプターズ・ドイツ)が共同開発し、1982年に国産ヘリとして初の型式証明を取得。1983年に初号機を納入した。

 17日時点で、川重の納入分は179機。エアバスヘリ納入分を合わせると、世界で1600機以上が引き渡されており、ドクターヘリ、人員や物資輸送、警察、消防、防災、報道などの分野で運用されている。

関連リンク
BK117-D3型の紹介(川重)
川崎重工業

川崎重工、20年3月期純利益32%減 今期予想は未定(20年5月14日)
川崎重工、787製造を一時休止 5月6日まで(20年4月20日)
川崎重工、A220向けPW1500Gのファンドライブギアシステム初出荷 明石工場から(20年1月27日)
川崎重工、1000機目の787前部胴体完成(19年12月18日)
国産最大のC-2輸送機、パリ航空ショー初参加 P-1と並ぶ(19年6月16日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: