エアライン, ボーイング, 機体 — 2020年6月4日 23:59 JST

アマゾン、767貨物機12機導入 旅客機から改修

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 通販世界最大手アマゾンは現地時間6月3日、ボーイング767-300型機の旅客機から改修した貨物機12機をエア・トランスポート・サービス・グループ(ATSG)からリース導入すると発表した。既存の70機と合わせて80機以上の航空機を自社の貨物便「Amazon Air」に投入する。

アマゾンが専用貨物便に使用している767貨物機=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機体に「Prime Air」と描かれたAmazon Airの機体はアマゾンの専用貨物便。今回契約した機体のうち1機は5月から導入しており、残り11機は2021年に納入される見通し。

 Amazon Airは米国内で自社の物流を担う貨物便で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応するため個人防護具(PPE)の輸送も担ったという。

 アマゾンは自社の物流専用貨物機を2016年から導入。航空機に加え、米国内で空港の貨物施設についても整備を進めている。今夏後半にフロリダ州のレイクランド・リンダー国際空港、2021年にはカリフォルニア州のサンバーナーディーノ国際空港、オハイオ州のシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港に拠点開設を計画している。

関連リンク
Amazon
ATSG

米で767貨物機墜落 アマゾン専用便、アトラスエアーが運航(19年2月24日 )
アマゾン、専用貨物機「Amazon One」披露 40機導入へ(16年8月7日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post