エアライン — 2020年5月5日 18:59 JST

スターフライヤー、株主優待券の期限延長 11月末まで

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、株主優待券の有効期限を11月30日まで延長した。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響で運休が生じているため。

株主優待券の期限を延長するスターフライヤー=PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 対象となる優待券は、有効期間が2019年6月1日から今年5月31日までのもの。期限を6カ月延長し、11月30日までとした。

 また、マイレージ制度「STAR LINK(スターリンク)」はマイルの有効期限を1年間延長。会員の申請は不要で、今年の12月31日に有効期限を迎えるマイルは一度失効するが、2021年1月10日までに有効期限を同年12月31日とする同数のマイルを自動付与する。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、最終赤字に転落 20年3月期、営業益は300万円(20年5月2日)
ANAとJAL、株主優待券の期限延長 11月末まで(20年4月30日)