エアライン — 2020年4月10日 05:00 JST

ユナイテッド航空、マイル上級会員の基準50%引き下げ 新型コロナで

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ユナイテッド航空(UAL/UA)は、同社のマイル会員制度「マイレージプラス」について、現在の上級会員資格の有効期限を2022年1月末まで延長することを柱とする救済措置をこのほど発表した。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響で同社便の利用が難しくなる中、会員のつなぎとめを図る。

マイル会員制度の救済措置を発表したユナイテッド航空=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ユナイテッド航空のマイレージサービスは、前年の飛行区間数や購入座席の合計額などに基づいて決定され、毎年更新される。今回、上級資格の有効期限に加え、以下の変更を盛り込んだ。

・上級資格の取得基準の50%引き下げ
・座席のアップグレードに使える「プラスポイント」の有効期限を6カ月延長
・最上級資格「プレミア1K」の会員が予約時に獲得できる「スキップ・ウエイトリスト」特典の対象便拡大
・年間の会員資格や年間パスポートを購入した顧客の有効期限を6カ月延長
・航空券の予約に使える「Eサーティフィケート(ETC)」の有効期限を2年に延長
・5月31日までのマイル特典旅行予約のマイル返還手数料免除
・年末までのマイル特典旅行予約は出発30日以上前までのキャンセルに限り返還手数料免除

 これらの変更は、今後数週間のうちに会員のマイル口座に反映する。2022年の資格取得に向けた2021年のフライト条件緩和も検討しており、今年後半に発表を予定している。

 ユナイテッド航空は3月29日開始の夏ダイヤで、成田発着のサンフランシスコ線とグアム線の計2路線を除き、日本路線を現在運休している。

関連リンク
ユナイテッド航空

ユナイテッド航空、成田-SFO・グアム除き日本路線運休 5月まで(20年3月25日)
ユナイテッド航空、グアム4月末まで減便 成田・中部・関空発着(20年3月9日)
ユナイテッド航空、成田3路線期間運休 羽田は通常運航(20年3月1日)
ユナイテッド航空、成田はシカゴ・ワシントンDC以外残留 羽田5路線に(19年8月17日)
ユナイテッド航空、羽田4路線新設 20年3月発着枠増枠、シカゴ、LA、ニューアーク、ワシントンDC(19年8月17日)