エアライン — 2019年8月14日 07:27 JST

スターフライヤー、副操縦士からアルコール検出で21分遅延 台北行き乗務前

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は8月13日、11日の北九州発台北行き7G801便(エアバスA320型機、登録記号JA24MC)に乗務予定だった副操縦士から、乗務前のアルコール検査で基準値を超える数値が検出され、パイロット交代のため出発が21分遅れたと発表した。

乗務前の副操縦士から基準値を超えるアルコール濃度が検出され遅延が生じたスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 同社によると、事実関係や詳しいことは確認中だという。今後はアルコールに関する教育の強化など、再発防止に努めるとしている。

関連リンク
スターフライヤー

JAL、乗務前の副操縦士からアルコール検出 交代し定刻出発(19年8月13日)
スターフライヤーの台北路線、最大8割が訪日客 中部線が課題(19年8月8日)
スターフライヤー、有楽町で黒い縁日 松石社長と輪投げ対決(19年8月7日)