エアライン — 2019年6月27日 06:02 JST

スターフライヤー、機長と副操縦士募集

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は6月26日、パイロットの募集を始めた。機長候補者は11月1日以降、副操縦士(限定未保有)候補者は2020年1月1日以降の入社となる。

パイロットの募集を始めたスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 いずれも正社員で、採用人数は若干名。勤務地は機長候補者が北九州空港または羽田空港、副操縦士候補者が北九州空港となる。

 応募資格は、機長候補者が定期運送用操縦士(エアライン経験者かつ「ジェット機の型式限定」保有者)と第一種航空身体検査証明、航空無線通信士の各資格を持つ人で、A320型式限定保有者は尚可としている。

 副操縦士候補者は、事業用操縦士と計器飛行証明、第一種航空身体検査証明、航空無線通信士の資格を持つ人が対象となる。

 応募方法は、機長候補者は履歴書など必要書類を郵送。副操縦士候補者は7月1日午前9時以降に募集要項を専用サイトに公開する。

関連リンク
STARFLYER RECRUITING
【副操縦士候補者・運航乗務員】登録フォーム

スターフライヤー台北線、夏ダイヤもデイリー運航 北九州・中部から(19年1月22日)
和の機内食で国際線再参入 搭乗記・スターフライヤー台北便(18年12月31日)
スターフライヤー、台北便就航 北九州・中部から国際線再参入(18年10月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post