エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2019年3月16日 06:00 JST

ロイヤルブルネイ航空、成田就航 A320neo、6月から週4往復に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ロイヤルブルネイ航空(RBA/BI)は現地時間3月15日、バンダルスリブガワン-成田線の運行を開始した。週3往復運航で、エアバスA320neoを投入する。同社の日本就航は21年ぶりで、成田乗り入れは初となる。

成田を出発するロイヤルブルネイ航空のバンダルスリブガワン行きBI696便初便=19年3月15日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

成田線就航で日本人客の増加を期待するロイヤルブルネイ航空のチャンドCEO=19年3月15日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 日曜と水曜、金曜の週3往復を運航する。運航スケジュールは、成田行きBI695便はバンダルスリブガワンを午前0時35分に出発し、午前7時30分に到着。バンダルスリブガワン行きBI696便は成田を午前11時45分に出発し、午後5時10分に着く。成田では第1ターミナルを使用する。6月3日からは月曜発を増便し、週4往復となる。

 同社のA320neoは2クラス150席で、ビジネス12席、エコノミー138席を設定。初便にはブルネイの観光を象徴するデザインを施した特別塗装機(A320neo、登録記号V8-RBD)を投入した。

 ロイヤルブルネイ航空のカラム・チャンドCEO(最高経営責任者)は、2018年にブルネイを訪れた日本人は5400人とし、今回の就航により「2021年までに日本人客を1万8000人に増やしたい」と述べた。

 同社は1994年から1998年まで、バンダルスリブガワン-関西線を週2往復運航。チャンドCEOは当時を「搭乗率などがいい状態ではなかった」と振り返り、成田線は平均搭乗率80%を目指す考えを示した。

成田に到着するロイヤルブルネイ航空のBI695便初便=19年3月15日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

バンダルスリブガワン行きBI696便初便に投入したロイヤルブルネイ航空のA320neo特別塗装機=19年3月15日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

バンダルスリブガワンへ向け離陸したロイヤルブルネイ航空のBI696便初便=19年3月15日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

運航スケジュール
BI695 バンダルスリブガワン(00:30)→成田(07:30)運航日:水金日
BI696 成田(11:45)→バンダルスリブガワン(17:10)運航日:水金日
*6月3日から月曜発を増発

関連リンク
Royal Brunei Airlines

ロイヤルブルネイ航空、成田19年3月就航へ A320neo、週3往復(18年10月1日)
ロイヤルブルネイ航空、A320neo初号機受領(18年5月25日)