エアライン — 2019年2月13日 06:01 JST

シンガポール航空、GWから関西増便 A330日本再投入

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 シンガポール航空(SIA/SQ)はゴールデンウイーク初日の4月27日から、シンガポール-関西線を1日1往復増便する。増便後の同路線は、1日3往復となる。

関西線をゴールデンウイークから増便するシンガポール航空=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 シンガポール-関西線は現在、1日2往復をボーイング787-10型機(2クラス337席:ビジネス36席、エコノミー301席)で運航。増便分にはエアバスA330-300型機(2クラス285席:ビジネス30席、エコノミー255席)を投入する。

 運航スケジュールは、関空行きSQ620便が午前8時30分にシンガポールを出発し、午後4時10分に到着。シンガポール行きSQ621便は午後5時25分に関空を出発し、午後11時5分に着く。

 同社は日本路線に投入していたA330を、787-10に順次更新した。2018年5月3日の関空線を皮切りに、5月18日から成田線、7月28日から中部線に投入。最後に残った福岡線には12月9日から導入し、シンガポール航空のA330は、日本から姿を消していた。

 今年の5月1日は、天皇の即位の日にあたるため、休日となる。祝日法では前日と翌日が祝日の場合、挟まれた日を「国民の祝日」と定めている。4月29日は「昭和の日」、5月3日は「憲法記念日」で祝日となるため、4月30日と5月2日が祝日扱いとなり、4月27日から始まるゴールデンウイークは、カレンダー上では10連休となる。

増便後の運航スケジュール(4月27日から)
シンガポール→関西
SQ618 シンガポール(01:25)→関西(09:05)機材:787-10
SQ620 シンガポール(08:30)→関西(16:10)機材:A330-300
SQ622 シンガポール(13:55)→関西(21:35)機材:787-10
*SQ620便が増便分

関西→シンガポール
SQ619 関西(10:55)→シンガポール(16:40)機材:787-10
SQ621 関西(17:25)→シンガポール(23:05)機材:A330-300
SQ623 関西(23:25)→シンガポール(翌日05:05)機材:787-10
*SQ621便が増便分

関連リンク
シンガポール航空

羽田に就航できないA380
シンガポール航空、羽田にA380「あすにでも」 訪日客増へ課題(19年1月17日)

成田にはA380再投入
シンガポール航空、成田にA380新仕様機 7月から(19年1月15日)
シンガポール航空、成田にA380再投入 4月から(19年1月8日)

日本路線に投入する787-10
シンガポール航空の787-10、福岡就航 A330日本路線から姿消す(18年12月9日)
シンガポール航空、787-10中部就航 重工社員招く(18年7月30日)
シンガポール航空の787-10、成田就航 開港40周年に華添える(18年5月19日)
シンガポール航空の787-10、関空就航 世界初の定期便、18%供給増(18年5月3日)

「桜」テーマの機内食
シンガポール航空、「桜」テーマの機内食 3月から(19年1月16日)