エアバス, エアライン, 機体 — 2019年1月24日 19:50 JST

ガルーダ・インドネシア航空、70年代復刻デザイン機 27日関空着

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)は、創立70周年を迎える1月26日に、1970年代を復刻した「ビンテージフライト」を運航する。機体には当時のデザインを施し、関西行きなど7路線で実施する。

1970年代の復刻塗装を施したガルーダ・インドネシア航空のA330-300(同社提供)

 ビンテージフライトを運航するのは、ジャカルタ発関空行きGA888便(エアバスA330-300型機、登録記号PK-GHD)など7路線。当日は客室乗務員が1970年代の制服を着用する。機内では無料航空券などが当たる抽選会を開催する。

 26日のGA888便は、ジャカルタを午後11時30分に出発し、関空には翌27日午前8時15分に到着する。30日の関空発ジャカルタ行きでも、客室乗務員が復刻デザインの制服を着用する。

 ビンテージフライトの対象となるのは、ジャカルタ-バンダアチェ線やデンパサール-ジョグジャカルタ線など、インドネシア国内6路線。関空線は唯一の国際線となる。国内線には、復刻デザインを施したボーイング767型機などを投入する。

 同社は1949年1月26日に創立した。

ビンテージフライトの運航スケジュール
GA888 ジャカルタ(23:30)→関西(翌日08:15)

関連リンク
ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ、中部-ジャカルタ19年3月就航 計画から4年(18年11月20日)
ガルーダ・インドネシア航空、新社長にイ・グスティ・ングラ氏(18年9月14日)
JAL、ガルーダ・インドネシア航空とコードシェア ANAと提携維持(18年9月6日)
ガルーダ・インドネシア航空、成田-ジャカルタ運休継続 「LCCと客層違う」(18年6月6日)