エアライン, 空港 — 2018年12月12日 16:18 JST

ピーチとバニラ、那覇新ターミナルに移転 19年3月から供用開始

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)とバニラエア(VNL/JW)は12月12日、那覇空港のターミナルを2019年3月18日に変更すると発表した。同日からの新ターミナル施設供用開始に伴うもので、モノレール駅から直接アクセスできるようになる。

ピーチとバニラが現在利用する那覇のLCCターミナル=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新ターミナル「際内連結ターミナル施設」は、那覇空港の国内線と国際線の両旅客ターミナルビルの間に新設。2社のカウンターは、国内線・国際線とも新施設の3階へ移転する。移転後は、沖縄都市モノレール那覇空港駅からのほか、バスやタクシー、自家用車などでも直接アクセスできるようになる。

 ピーチとバニラは現在、貨物エリア内にある、LCC専用ターミナルを使用。国内線ターミナルから、シャトルバスでのみアクセスできる。

 ピーチは2012年10月に、関西-那覇線を開設。2014年7月からは第2拠点化した。現在は那覇から国内2路線、国際4路線の計6路線を運航している。

 バニラは2013年12月に、成田-那覇線を開設。現在は那覇から国内線2路線、国際線1路線の計3路線を運航している。マレーシアのエアアジアとANAホールディングス(ANAHD、9202)が出資して2012年8月1日に就航後、2013年10月26日に運航を終えた旧エアアジア・ジャパン時代も、成田-那覇線を運航していた。

関連リンク
ピーチ・アビエーション
バニラエア
那覇空港国内線旅客ターミナル

ピーチの那覇路線
ピーチ、卓球観客数達成で那覇便セール 13日から(18年12月10日)
ピーチ、那覇-高雄就航 関空に次ぎ2路線目(18年4月26日)
ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に(17年10月19日)
シンハービール片手に5時間乗ってみた 特集・ピーチ最長!那覇-バンコク初便搭乗記(17年2月28日)
ピーチ、那覇-バンコク就航 5時間の最長路線、パクチー機内食販売(17年2月19日)
ピーチ、那覇-バンコク2月就航 井上CEO「アジアの架け橋第2段階に」(17年1月13日)
ピーチ、那覇-ソウル就航 那覇発着5路線に(15年9月4日)
ピーチ、那覇第2拠点強化へ ソウル開設福岡増便(15年3月5日)
ピーチ、那覇-香港線就航 15年度ベトナムやタイ視野に(15年2月21日)
ピーチ、那覇-石垣線廃止 関西線は存続(14年7月22日)
ピーチ、那覇-台北線就航 全13路線に(13年9月20日)
ピーチ、石垣へ就航 LCCでは初(13年6月14日)
ピーチ、沖縄LCCターミナル就航 第2拠点構築は13年度(12年10月18日)

バニラの那覇路線
バニラエア、石垣-成田・那覇開設 統合前最後の新路線、台風で欠航も(18年7月1日)
バニラエア、那覇-台北9月就航 第2拠点化推進(16年5月25日)

現在のLCC専用ターミナル
ANA、那覇の国際線LCCターミナル公開 10日からピーチ使用(14年2月8日)
全日空、日本初のLCCターミナル公開 沖縄の貨物施設活用(12年10月18日)